--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】氷菓 5話 エネルギー効率悪い事この上ない

06:59

氷菓 5話1
氷菓 5話「歴史ある古典部の真実」
の感想を

省エネ主義者は珍しく自分から推理をし、それをした自分を不思議に思う
ふとしたところから思いがけない英雄談へのヒントが舞い降りた
「折木」は、欠けた推理を補足しようとする

『 氷菓 』の京都アニメーションの公式ホームページはここから




あらすじ
省エネな「折木」が珍しく自ら行動した
そんな自分をバラ色に憧れたんだろうと納得する…
だが話はそれで出は終わらず、アネキからあの英雄談の事を短編的に聞き
自分の推理との矛盾に気がつき、あの推論はまだ終わっていない事に気がつく
「折木」は欠けた部分の情報を
氷菓2号のあの文章を書いた「糸魚川先生」に、45年前の事を尋ねる
「糸魚川先生」から語られた真実は、「折木」の推測と大体あってはいたが
実際の状況は、決して英雄談の様なものではなかった
叔父「関谷」は、進んで生徒たちの盾になったのではなかったのだ…
そして最後の謎、文集の”氷菓”には「関谷」の悲痛な叫びが隠されていた
「える」は、そして幼き頃の涙の意味を思い出す…
生きたまま叫ぶことすらできなかった叔父の恐怖への涙だった




氷菓 5話2
「方太郎はバラ色がうらやましかったのかい?」 「そうかもな」

省エネを豪語していた「折木」も
内心はキラキラしている光景に憧れていたんだな
それに加わるために頭ひねって推理するか、ずいぶん不格好な方法を取るもんだ
効率的な行動を推奨している人物が、あえて非効率を憧れるってのもおかしな話だよね
だが、その気持ち、なんとなくだがわかるぞ!!
途中でお腹一杯になって気持ち悪くなる事が分かっているのに、ケーキを馬鹿食いしてしまうアレだよね
・・・ちょっと違うかな?

非効率と分かっていても、面白くないと頭では分かっていても
となりの家の庭に興味が湧いてしまう
やる気の無さMAXのように見える省エネ主義者だったけど
やっぱり青春を思いっきり馳せたい、一人の年頃の学生なんだろうね




氷菓 5話3
「真剣だったんですね…」 「想像もつかないよね」 「駄々をこねていた様なもの」

一見して英雄弾のようにも聞こえる事も
蓋を開けてみれば、醜い悲惨な語り継ぐことをしなかった事もうなずける、生贄のお話

やはり『 英雄談ではなかった 』に大きな意思が隠されていたんだな
トカゲのしっぽ切りのような、見せしめの犠牲
自ら生徒の盾にになったのではなく、「関谷」という盾で生徒達は自分たちの身をを守っただけ
「叔父」の青春を、見事に食いつぶした末路の物語だったんだな

文化祭の通り名「かんや祭」の書き「関谷祭」
これは生徒たちが犠牲にしてしまった「関谷」への、罪滅ぼしのために名付けたのかもしれない
でもよく考えたらおかしな話だよね
自分たちが背負うはずの行動の責任を一方的に「関谷」に覆い被せ、押し殺しておきながら
後々「関谷」を英雄と祭り上げるなんて
そんな事をしたって「関谷」は喜ぶはずはないし、それで行った罪が消えるはずもない
 「福部」の言った通り、まさしく欺瞞 ”自己欺瞞(じこぎまん)”だよ


(自己欺瞞:意味  自分で自分の心をあざむくこと。
 自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理に正当化すること。)goo辞典引用




氷菓 5話4
「私は生きたまま死ぬのが怖くて泣いたんです」

全校生徒の燃え上がる熱意の盾にされ、ケジメを要求する先生たちの見せしめにされ
悲劇… 犠牲… 生贄…
そんなのよりもっとたちの悪く、誰からの救いもない
まさに地獄、”生き地獄”に「関谷」は突き落とされたんだろうな
手足を動かせない悲鳴なんてもってのほか、自分を押し殺され青春を喰われ全てに潰された

「える」が泣いたのもある意味分かるかもしれない
子供には重すぎる、想像も絶するようなその怒りを直に受けためたのだから…

そして『氷菓』の隠された意味 『 I scream (アイ スクリーム)』
調べてみたが、scream単体に恐怖や苦痛の悲鳴をいう意味があるらしい
「叔父」は一言に、全ての自分の怒りや苦しみを込めたんだろうね…
声も上げられず押しつぶされた「関谷」の、最初で最後 ゆいつの”悲鳴”だったんだろう

自分が弱いがゆえに、押し殺される恐怖か…
想像もしたくないな… その恐怖は…
味方もいなず救いも無く降り注ぐ圧力を、あの時の「叔父」は一人で背負っていたんだもんな…




氷菓 5話5
「すみませんまだよく分からないんです」 「いいさ、俺も同じだし」

「将来どうでもいいなんて思いたくない」か~
45年前の真実を知りたかった理由は色々あると思うけど
「える」は最初にその言葉が思い浮かんだんだな、「今を生きるか」悪くない一言だな
肝が据わっていそうな「える」だけど
えるはえるなりに、もがき苦しんで答えを探していたんだな
もがき苦しんで前に進むと言うと、まさに青春そのものだな
「える」の青春を謳歌していたって事かな?

「える」の燃費の悪い推理に付き合わされたり、「関谷」の失った青春に触れてたり
この短い間に「折木」はずいぶんと濃い経験をしたもんだ
そんな刺激が、省エネ主義者に効率が悪いことも悪くはないのかもと思わせたようだ
小さな一歩だけど、不動のが好きな「折木」にとっては大きかったのかも
この経験が、今後の元省エネ主義者の行動にどう変化をつけいていくか見のもだね~



”2人の青春が重なる時、物語は始まる!!” なんてね♪  今日この頃~



『 氷菓 』の京都アニメーションの公式ホームページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 氷菓 5話「アイスクリーム。堀口悠紀子さん作画回」(感想) ] 07:07 | 失われた何か

    私は叫ぶ。 生きていく事は叫ぶこと。 45年前の学園祭・古典部・そして氷菓の意味は? 全てが解決する、真相発表回です。 今回は三好一郎さん絵コンテ・演出 堀口悠紀子さん作画監督でした。 シリーズの大事な締めの回に この最強布陣。納得の出来栄えです。  ...

    [ 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 ] 07:41 | つれづれ

     氷菓という言葉の意味。

    [ 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 ] 09:44 | MAGI☆の日記

    氷菓の第5話を見ました 第5話 歴史ある古典部の真実 「奉太郎の推理通りなら僕達のカンヤ祭は少なくとも一人の高校生活を代償の上に成り立ってることになるね。でも驚いたよ」 「何が?」 「奉太郎が...

    [ 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 感想! ] 10:21 | もす!

    やばい、泣いてしまった。

    [ 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 ] 10:25 | 空 と 夏 の 間 ...

    姉からの電話で奉太郎は 45年前の真実にまだ不完全だったと知ります。 悲劇。 カンヤ祭が禁句となった意味は...? 奉太郎は さらに過去の再構成を経て 当時の生き証人にたどりつくw 氷菓の2号目の冒頭分を書いたのは 司書の先生でした! ∑(゚ω゚;) 養?...

    [ [アニメ]氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 ] 10:44 | 所詮、すべては戯言なんだよ

    真実は喜劇か悲劇か惨劇か。さらに隠された謎を解くことで揺れ動く心の変化の兆し。それはええるにとっても、奉太郎にとっても、関谷純の言葉は届いているだろうか?

    [ まとめtyaiました【【感想】氷菓 5話 エネルギー効率悪い事この上ない】 ] 10:47 | まとめwoネタ速neo

    氷菓 5話「歴史ある古典部の真実」の感想を省エネ主義者は珍しく自分から推理をし、それをした自分を不思議に思うふとしたところから思いがけない英雄談へのヒントが舞い降りた「折木」は、欠けた推理を補足しようとする

    [ 氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」 ] 21:58 | 藍麦のああなんだかなぁ

    氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」です。 本日は、日蝕があるので、観想記事は後

    [ 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想 ] 22:12 | ひえんきゃく

    まるで最終回のような感じでしたね。 プロセスとしては日常的ですが、内容は深いものでした。 45年前の真実。 それを知る意外な人物。 その人物と関谷純との間に何があったのか。 えるが号泣した謎に迫...

    [ 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想 ] 17:02 | wendyの旅路

    あなたの「叫び」、届きましたよ―

    [ 氷菓~5話感想~ ] 17:53 | ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。

    「歴史ある古典部の真実」 姉から奉太郎に電話が。 奉太郎が氷菓のことを聞こうとするが時間がないと教えてくれず… この電話により、えるの叔父の謎は実はまだ未完成だったと知る。 そして、奉太郎は補足をしたいと皆に告げる。 古典部は再び、真相...

    [ 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 ] 23:01 | 明善的な見方

    ED「まどろみの約束」『私が生きているのは今なんです!』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣

    [ 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 ] 23:18 | 北十字星

     折木供恵の話からすると、関谷純のことは「禁句」。 そして、事件は悲劇だと言う。 益々、謎が深まるばかりです。 そして、明らかになった事実。 好奇心の猛獣。基、好奇心の亡者の千反田えるが...

    [ 氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」 ] 00:03 | マサのまったり日記

    こんばんは、マサです。 昨日は帰宅が遅かったので、記事を書けませんでした。 前回に披露した「僕の考え」は、どの程度まで合ってるのでしょうか。 ああ。 漸く小説および漫画を ...

    [ 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 ] 22:34 | ボヘミアンな京都住まい

    今回はOP曲もED曲も無し、詰めに詰めて進めた回でしたね。Aパートで奉太郎が“補足”という言葉を使ってましたけど、このエピソードをアニメに落としこむにあたっても原作の文章に言葉を補い、映像で置換表現できそうな部分は言葉から置き換えたりして、とても充実した濃?...

    [ 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第05話 雑感 ] 09:32 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム

    [氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第05話 「歴史ある古典部の真実」 #kotenbu2012 #ep05 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...

    [ 氷菓 第5話 歴史ある古典部の真実 ] 10:55 | ゲーム漬け

    奉太郎も変わりつつあるようで、えるや摩耶花、里志を見て隣の芝生が青く見え、薔薇色の学園生活が羨ましいとも思ったよう。 それでも何をすればいいかは分からないようで、今回 ...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。