--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】夏雪ランデブー 6話 六花ちゃんが決めなくちゃ…

06:59

夏雪ランデブー 6話1
夏雪ランデブー 6話
の感想を

「六花」の何気ない提案に、「篤」は目を細める
手を払いのけ、あいまいを問いただし遠くから見つめる
地縛霊は、まだ未練を残しつつ

『 夏雪ランデブー 』の公式ホームページはここから




あらすじ
閉じ込められたスケッチブックの中、「葉月」は何をどうすればいいか分からずじまい
一方、体をのっとった張本人は、「六花」のどっちつかずなあやふやな態度に
思わずその手を払いのける発言をする
その行動に「六花」もハッとし、自分にとって「葉月」はなんなのか、頑張って向き合おうとする
そして逃げていた自分の想いを見定め、言葉にした
分かってはいたけど… 「篤」はその言葉は聞きたくなかった。



夏雪ランデブー 6話2
「帰れるかどうかも分かんないのに」 「え!?帰れないの、やだなそれ…」

”配役は自分で決めればいい、あなたがどう生きたいかと同じ”
役を与えられていない不完全なお話の登場人物
この世界にとって「葉月」は、不純物のようなものでしかないのかな?

未完で不完全なこのスケッチブックの中のお話
ここを抜け出すには、一にも二にも王子である「篤」が必要なようだ
王子なくして、話の完結も素敵なハッピーエンドも無しか…
どうやら「葉月」は、道筋の無い話にレールをくことがこの世界の”役”なのかも
そうとなれば話は簡単、迷いマイマイな「篤」を引っぱりだせばいい
で… その迷子ちゃんは何処にいる…?

それにしても、ここまで振り向いてもらえず変な世界に飛ばされてもなお
「葉月」は店長を好きで居続けられるとは、たいしたものだな




夏雪ランデブー 6話3
「君はちっとも変わらない 心変わりはしたけどさ」 「・・・何のこと?」

当人よりも「六花」の事をよく分かってらっしゃるよ…
どっちつかずな行動の理由も、なぜ答えを出さないのかも
そして「六花」の正直な心の声も…

一番の原因は自分(篤)、自分がいなくなれば全てが解決すると分かっている
自分はもう死んでいて、「六花」にしてやることは何も無い事を知っていて
「葉月」が片思いしていて、本人も心のどこかで受け入れていて…
それでも、「篤」は「六花」を手放すことはできないようだね

絶対にあり得ないことだと、分かってはいるんだけど
もう一度、自分と「六花」との暖かい時間を戻ってきてほしいと
心のどこかで臨んでしまっているのかも… しれない…


時が止まった人と、今の時を生きている人
普通交わらない人同士が合わさってしまったから、こんなに悲しいんだろうな




夏雪ランデブー 6話5
「死んだ旦那を言い訳に使うのはやめてほしい」 「葉月くん・・・」

心の中を見事言い当てられてしまった「葉月」くんに…
いや正確には「篤」だけど、今の「六花」から見たら「葉月」の言葉になるのだろう

「六花」自身も分かってはいたはず…
返事をする覚悟が無いくせに、「葉月」のアタックに浮かれてしまっていたことぐらい
これではいけないことぐらい、分かっていたはず…
でもそれを「葉月」の口からまじまじと言われてしまうと、とてもキツく突き刺さる言葉だ
もしかすると今まで「六花」は、この”痛み”から逃げていたのかもしれないね

痛みに耐えられるほど、「六花」はもう若くないのかもね
もうすでに痛い経験をしてしまっていると言う意味で



夏雪ランデブー 6話4
「私も葉月くんが好き・・・好き・・・」

分かっちゃいたけど、聞きたくなかったその言葉
勇気を振り絞って出したその言葉を贈った先が… 「葉月」ではなく 「篤」とはね…
前に踏み出した足は、前に進むどころか沈んでしまうようだ

「篤」は1級の恋愛マスターかもしれない
あれだけ押しの一点張りだった「葉月」でも落とせなかった、大きな壁を
「篤」の刺さる言葉は、その壁をぼろぼろと崩した…
そう「篤」は恋愛アドバイザーだったら、よかったんだけどね…

元旦那としては最悪だ…
大事な大事な愛を鳥かごに入れるどころか、自由な空に放ってしまうのだから
見ていられないほどに、不器用だな…


多くの物を背負ってしまうと、前に進むのも一大事なんだな
一歩進むのにも、何かを犠牲にしないと進めないなんて大変すぎるよ と思う今日この頃~



『 夏雪ランデブー 』の公式ホームページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 夏雪ランデブー 第6話 ] 09:32 | MAGI☆の日記

    夏雪ランデブーの第6話を見ました。 第6話 篤に身体を貸した亮介は絵本の世界から脱出したいともがく。 一方、亮介の身体を借りた篤は自分を夕食に招いた六花にお風呂で背

    [ 夏雪ランデブー 第6話 ] 10:56 | 空 と 夏 の 間 ...

    背中流させてくれませんか?  六花さん一歩を踏み出しちゃうのか! 実際のところ、六花さんにも確たる決心とかはない。 雰囲気でってところのようだけどね。

    [ 夏雪ランデブー #06 ] 17:35 | 制限時間の残量観察

    上げて落としたああああああああああああ! ずっと島尾君のターンだと思っていた時がありました。 ・葉月くんの体で何する気っ! 知らない間に一線超えそうになっている葉月君も

    [ 夏雪ランデブー 第6話 ] 19:37 | 真夜中日記ミッドナイトモノローグ

    翼を引きちぎられた天使の気分なのだが・・・島尾よ

    [ 夏雪ランデブー 第6話 ] 19:46 | WONDER TIME

    「私がどうしたいのか決めなくっちゃ  困っちゃうよね ホント」 死んだ旦那を言い訳に使うのはやめて欲しいと言われた六花 一方、絵本の世界の亮介は 早く完成させてさっさと帰ろ

    [ 夏雪ランデブー 第6話 ] 21:10 | Spare Time

    『葉月の姿の島尾は自分を夕食に招いた六花と一線を越えようとするが、六花は踏み切れず、彼の「死んだ旦那を言い訳に使うのはやめてほしい」の言葉に動揺する。一方、本物の葉月は...

    [ 夏雪ランデブー 第6話 感想 ] 22:35 | ひえんきゃく

    持ち上げて、落とす! 旦那(篤)が死んだ~! もう死んでるけど。 葉月の姿の島尾は自分を夕食に招いた六花と一線を越えようとするが、 六花は踏み切れず、彼の「死んだ旦那を

    [ 夏雪ランデブー #6 ] 09:11 | 日々の記録

    葉月と島尾の入れ替わりが続いています。一緒に夕食を食べていた葉月に、六花は背中を流させて欲しいと言い出しました。これは性的なお誘い!?と思いきや、六花はどうやら背

    [ 夏雪ランデブー 第6話 ] 12:53 | いま、お茶いれますね

    夏雪ランデブー 第6話 背中を流させてくれませんか?と提案した六花。 ここまで来たら一線越えフラグじゃないですか。 しかし最後の一歩を踏み出せない。 踏ん切りがつかなか...

    [ 夏雪ランデブー 第6話 六花の背中ペロペロにはビックリした。 ] 07:18 | こいさんの放送中アニメの感想

    死んだ旦那を言い訳にするのは止めて欲しい。本人が言うと説得力ありますね。何だかんだ言って六花に葉月を拒否するつもりなんかない。強気に出られない葉月のヘタレっぷりでここま...

    [ (アニメ感想) 夏雪ランデヴー 第6話 ] 10:52 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

    投稿者・鳴沢楓 夏雪ランデブー クリアファイル()不明商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロ

    [ 夏雪ランデヴー第6話 簡略感想 ] 16:12 | 雨男は今日も雨に

    六花の決意が招くもの・・

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。