--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】夏雪ランデブー 7話 無駄な抵抗・悪あがき

06:59

夏雪ランデブー 7話6
夏雪ランデブー 7話
の感想を

こうなる事は分かってたいたけど、流してしまう”涙”
時間の止まった魂は、今を生きるキラキラした魂に置いて行かれる
それでも… みっともなくても… 「篤」はあがく

『 夏雪ランデブー 』の公式ホームページはここから




あらすじ
「六花」の精一杯の告白に「篤」は涙する
目の前にいるのに、体は「葉月」の物で、「篤」としてはもうなにも出来ない事を知る
そうだとしても、少しでも「六花」と一緒にいたいと願い、海へと誘う
苦悩する「篤」を置いて、「六花」の時間は進み続ける
そして「葉月」の体で、一線を越える…
自分を見失った「篤」、みっともなくても今できる事をしようとする
生きている時に、やり残したことをはたしに出かける。



夏雪ランデブー 7話2
「この手は僕じゃないこの声も… たしかに僕はここにいるのに」

「葉月」が店に転がり込んで来た時から、こうなる事は遠からず分かっていたはず
なのに「篤」はみつともなく足掻いて、結局なにも出来ずじまい
目の前にいるのに、その行動その言葉は全て「葉月」の物になってしまう…
人の体で好き勝手やられている「葉月」も不幸だけど、「篤」の方も不幸なのかも
死んで自分の存在はとうに終わっているのに、その想いはいまだに生き続けているのだから

それにしても、本当に未練たらたらな幽霊なことだ
一瞬だけ… ちょっとだけ… 半日だけ… と「六花」との時間に必死にしがみついて
やたら長い奇跡を、だらだら堪能している
未練はもう無いみたいな事を言っておきながら、やり切れていない事が山の様にある
生きている間に、どれだけ心残りを残したんだか




夏雪ランデブー 7話3
「無理でも何でも、僕にだって一つぐらい譲れない物があったって…」

譲れないものか… なんかもう意地になっていないか?
「六花」の告白を直に聞いて、愕然としながらも
自分の気持ちをなんとかして整理しようとしている、いじけた子供のように見える

「 こんな事いつまでも続かない
  長引けば悲しくなるだけ
  それは王子が一番知っているはず…  」


「妖精六花ちゃん」が言っていたように
素敵じゃない奇跡がいつまで続くわけが無く、死者が居座っても傷つくだけ
この状況を困惑している「葉月」より、今の危うさを「篤」はよく理解しているはず
だからこそ、今一番しないといけない事は分かりきっている…
その事を分かっちゃいるのに、清算するどころか増加させてしまっている    (増やしてどうする!?)
「篤」もどうしたらいいのか困惑して溺れているのかもしれない、どっかの誰かさんと同じく

ところで、”譲れない物”ってのは、あいも変わらず「六花」の幸せなんだろうか?
「篤」が見る『六花の幸せ』とは、どんな形をしているんだろうな?
もしかしたら…
幸せとか言っている当の本人にも、それが何なのかを分かっていなかったりしてね




夏雪ランデブー 7話4
「それはそれは心残りだってしょうね」 「それ成仏フラグ立つんじゃね!?」

誰が主人公?
この数億といる世界で、誰が主人公かと尋ねられたら、それは自分だろうね
みんなそれぞれの物語を夢見て、自分主観で、自分が主人公の世界
この場合、「葉月」だったり「六花」だったり「篤」だったり
でも、この場合の主人公って何なんだろうな?
このスケッチブックは、誰の主観で世界が作られているのか?
妥当な考えだと「篤」になるんだろうけど… 主人公不在の物語ってアリなのだろうか?

そういえば「お魚六花ちゃん」は、、「篤」は「葉月」の事を好いているとか言っていたね
案外そうなのかもしれない
あれだけ嫌がらせの嵐をしておきながら、本性では気があう同士だったのかも
そうでなければ、こんな長い奇跡は起こらないだろうし…
ん? 待てよ!! もしかして…
嫌いだからスケッチブックに閉じ込めたんじゃなくて、別の意味があってのことなのかも!?
もしかして、「篤」は「葉月」に答えを出してほしくて閉じ込めたのかも…



夏雪ランデブー 7話5
「どこから何処までが…誰が何なのか… 営業妨害だよタコ社長…」

自分に嘘をつかず、告白したまでははなまる満点だったけど
一回の踏ん切りで何とか出来るほどには、その根は浅くはなかったようだ
「六花」はまだ、手放しでは歩く事は出来ないようだね

踏み出したはいいけど、もう一歩足を踏み出せない「六花」
進んでしまったから、もう前の様には戻れない
よく世間では『失って初めてその大切さを知る』とか聞くけど
「六花」の場合は『進んでしまって初めてその存在を知った』って感じだね

目の前で手を差し伸べているにいる「葉月」と、後ろで微笑んでいる「篤」
心の中で板挟み、
前に進むのもつらいし、後ろに進むのも悲しい
このまま助け船が来ないと「六花」のピュワ心が壊れてしまうよ


『 灯台下暗し 』(灯台のすぐ下は暗いことから身近な事情はかえって分かりにくいたとえ)
今まで見ずに目をそむけてきた足元
きっとこの2人には、照らしても底が見えない暗闇があるんだろうな  と思う今日この頃~



『 夏雪ランデブー 』の公式ホームページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 夏雪ランデブー 第7話 ] 09:39 | MAGI☆の日記

    夏雪ランデブーの第7話を見ました。 第7話 六花は自分の気持ちを整理する中で今まで亮介を傷つけていたと気付き、亮介に好きだと告白する。 「ところでさ、私…私ね…主人し

    [ 夏雪ランデブー 第7話 ] 10:22 | いま、お茶いれますね

    夏雪ランデブー 第7話 六花さんが上げて落として告白。 その流れで2人で思いつくままにお出掛け。 六花は葉月とデートのつもりですから、篤の心中は複雑です。 夏にはちょっ...

    [ 夏雪ランデブー 第7話 感想 ] 18:09 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆

    親指店長から人魚店長へ・・・ 変身した六花ちゃんにシャツを貸す葉月、まだまだ青いw 公式HPよりあらすじ 葉月が好きだと告白した六花。葉月に体を借りている島尾は、やりきれ

    [ 夏雪ランデブー 第7話 ] 19:50 | WONDER TIME

    「どこからどこまでが… 誰が何なのか… 一体全体――」 体を借りてまで結局何がしたかったのかと悩む篤 そんな篤の影を感じ始めた六花!   【第7話 あらすじ】 葉月が好きだと

    [ 夏雪ランデブー 第7話 ] 21:09 | 真夜中日記ミッドナイトモノローグ

    花屋の年上店長とのランデブー in 江の島

    [ 夏雪ランデブー 第7話 ] 21:17 | Spare Time

    『葉月が好きだと告白した六花。葉月に体を借りている島尾は、やりきれない思いを抱きながら六花を海へ誘う。翌朝、先に発った葉月(中身=島尾)が残したメモに、六花は島尾の影を...

    [ 夏雪ランデブー 第7話 感想 ] 21:56 | ひえんきゃく

    亮介、篤、六花。 この状況は3人にとって悲しすぎますよ。 葉月が好きだと告白した六花。 葉月に体を借りている島尾は、やりきれない思いを抱きながら 六花を海へ誘う。 翌朝、

    [ 夏雪ランデブー 第7話 簡略感想 ] 00:55 | 雨男は今日も雨に

    進んだ二人。一人を残しながら・・

    [ 夏雪ランデブー 第6話・第7話 ] 20:44 | 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)

    何しでかすか皆目わからん!

    [ (アニメ感想)夏雪ランデブー 第8話感想 ] 19:55 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

    投稿者・全力丘 夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)(2010/02/20)河内 遙商品詳細を見る 葉月が好きだと告白した六花。葉月に体を借りている島尾は、やりきれない思いを抱きながら六花を...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。