--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】氷菓 最終回 滅多に見れないその光景

12:59

氷菓 22話 HD1
氷菓 22話「遠まわりする雛」
の感想を

『気になります』にも、もう慣れた省エネ主義者
「折木」は淡々と推理をし、いつものごとく「千反田」納得させる
見慣れた2人の後ろ姿、それはとても・・・

『 氷菓 』京都アニメーション公式ホームページはここから




あらすじ
「千反田」に頼まれ、「折木」は生きびな祭りの傘さしの代役を務めることになる
裏方のせわしない空気に、居心地悪くしていた時、ちょっとした事件が起こる
気まずそうな空気になるが、「千反田」の一言で話は丸く収まり
生きびな祭りが始まり、行列が歩き始める
ひな役の「千反田」の後ろ、傘差し役の「折木」は
見なれない「千反田」の美しさに見とれる
あっと言う間に終わった祭り、一息ついた「折木」に「千反田」が駆け寄り謎を問う
答え合わせをした2人は、夕暮れの道を歩きながら話す
自分が名家の生まれで、それを背負う責任を、ここが私の場所だと
そんな「千反田」の顔を見て、「折木」は何かを言いかけた。



氷菓 22話 HD3
「来るべきではなかった… 俺の省エネ主義が致命的に脅かされている…」

今更か!?  乗りかかった船も、もう遅いぞ
「千反田」と言う、荒くれの海を進む、ゴツイ船に乗ってしまったようだ
もう諦めろ、流れに身を任せるんだな

”省エネ主義”か…
確か、やらなくていい事はしない主義だったかな?
学校生活を低燃費を過ごそすはずなのに… 他の人より大変な事をしてないか?
手掛かり少ない叔父の過去を調べたり、映画制作の陰謀に加担したり
はたまた、生徒会長とつるんで文集を捌いたりと
波乱な学校生活を送っているよ、ずいぶんと濃ゆい青春だな
名ばかりな省エネ主義だな、それを今更気付いたのか? この灰色は!!

「奉太郎」の意思とは正反対に、周りの風景は変わりつつある
自分が真に求めている、風景を知る時はいつになることやら




氷菓 22話 HD2
「珍しくアイツに突っかかった」 「うん 聞いた」

滅多に見ることのできない「摩耶花」の笑顔
いつもこう素直だったら、とても可愛いんだけどな

チョコレートの一件で「里志」と「摩耶花」の間に、少しばかり進展があったようだ
上手く仲直りできたようだな、これも気遣いの出来る省エネ主義者の功績だね
これで「奉太郎」のやれば出来る奴だと、見方が少し変ったったに違いない



氷菓 22話 HD4
「あぁ…生きびなな…」 「違います長久橋です!中川工務店です!」

相変わらずと言うべきか、ですよね~と言うべきか
上品な振る舞いの下でも、「える」のお家芸”気になります”が燻ってったようだ

やはり2人揃わないと、真実に辿り着く事は出来なようだな
少ない手がかりから犯人を予想し矛盾を見つけ
その人の気持ちになったり、抜群の記憶力から重要な情報を
「奉太郎」が仮説を立て、「える」がその人の気持ちを察する
真実にたどりつき、さらに行動の理由まで暴く
最初の頃は、「える」に引っぱられて、やむなく推理していたけど
いつの間にか、いいコンビになっていたな

興味がゴボゴボ湧く「える」を止められるのは、やはり「奉太郎」だけのようだ
お互いの弱点を補い合い、認め合う これってまるで…



氷菓 22話 HD5
「寒くなってきたな…」 「いいえ もう春です」

春に入学し、姉の命令で古典部に入部する羽目になったのが、ちょうど1年前の春
入学式・温泉・カンヤ祭・初詣・バレンタイン、色々あったな
一周回ってまたこの季節
明けない冬はない、春は必ずやってくる と言う意味を「える」は言いたかったのかもね

「える」に課せられた、「千反田家」という名を背負う責任
『 私の終着点はここ 』『 ここが私の場所 』、まるで自分は縛られている…
どう回っても、自分はいずれこの土地を背負っていくと
イヤイヤではないようだけど、好き好んで選んだわけでもなさそうだ
でもなぜか不安げ… まるで未来を紡がれたような顔だ
名家の責任と、自分の能力の無さの境目で、一人寂しく行き場を失っているのかもしれない
だから「える」は、「奉太郎」の推理プロセスに興味を持ったのかも
能力を補い、道を開くために…

それにしても、藪から棒に、こんなことを話し出すなんて、どうしたのだろうか?
もしかしたら「える」は、「奉太郎」に『千反田家の娘』としての自分を見てほしくて
わざわざ”生きびな祭り”傘さしの代役に指名したのかもしれない

なぜ知ってもらいたいか っといえば、「奉太郎」に支えてもらいたいからだろうね



氷菓 22話 HD6

春は、芽生えの季節
無関心な「奉太郎」に、今までになかった新たな感情が芽生えたようだ

言いかけたその言葉
答えを先延ばしにしていた「里志」には、キツくいっていた「奉太郎」だけど
結局自分も、答えを先延ばしにしちゃっているよ~
しっかりした人だとか言われてたけど、まだまだ青いぞぉ~
まあでも、「奉太郎」のこの表情は、なにか分かったのかもしれない
名探偵「折木 奉太郎」は
この難事件を、どのような順序を踏んで推理してくれるのか、私気になります♪




口の中に広がる、ほろ苦い青春の味が、心地いい事この上ない  今日この頃~



『 氷菓 』京都アニメーション公式ホームページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 「氷菓」第22話(終) ] 13:34 | 日々“是”精進! ver.F

    恋心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209170000/ 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]角川書店 2012-09-28売り上げランキング : 68Amazonで詳しく見る by G-...

    [ 氷菓〜22話感想〜 ] 13:48 | ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。

    「遠まわりする雛」 えるから雛祭りの傘持ちを頼まれた奉太郎。 奉太郎は引き受け、えるの元へと向かう。 行ってみると、みんな大忙しの状況。 礼儀正しくご挨

    [ 氷菓 第22話「遠まわりする雛」 ] 14:57 | MAGI☆の日記

    氷菓の第22話を見ました 第22話 遠まわりする雛 えるからの電話で生き雛祭りの傘持ちの代理に奉太郎は頼まれる。 橋で工事が行われているせいで正規のルートが使えず、男衆が...

    [ 氷菓 第22話 【遠まわりする雛】 感想 ] 18:55 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

    4月1日にエルたんからの電話の誘い 「傘を持って欲しい」 旧暦で4月3日がひな祭りのようです。 旧暦を使う行事ってあまり聞かないですが、結構メジャーなのでしょうかね? 氷

    [ 氷菓 第22話 【遠まわりする雛】 感想 ] 18:55 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

    4月1日にエルたんからの電話の誘い 「傘を持って欲しい」 旧暦で4月3日がひな祭りのようです。 旧暦を使う行事ってあまり聞かないですが、結構メジャーなのでしょうかね? 氷

    [ 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 感想 ] 19:03 | wendyの旅路

    遠回りして見えてくるもの―

    [ 氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」 ] 19:59 | 藍麦のああなんだかなぁ

    氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」です。 アニメ版『氷菓』も、今週で最終回らしい

    [ 遠回りしても前に進む アニメ感想 氷菓 第22話「遠回りする雛」 ] 20:05 | 往く先は風に訊け

    桜舞い散る道を彼等は歩んでゆく

    [ 氷菓 第22話「遠まわりする雛」(最終回) ] 20:52 | 破滅の闇日記

    遠まわりする雛 (角川文庫)(2010/07/24)米澤 穂信商品詳細を見る  最終回だけあって、オッサンさんが声優さん的にも豪華でしたね。千葉さんがいい感じで。祭りの傘持ち役として、奉太郎...

    [ 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 ] 20:58 | つれづれ

     エフェクトが凄く効いていて……

    [ 氷菓 第22話(最終話)「遠まわりする雛」の簡単な感想 ] 21:15 | 恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中のブログ。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記)

    狂い咲きの桜の下で、お雛様姿のえるたそがとても映えて綺麗でしたね。 っていうか、今回で最終回なんて早すぎる、せめてちゅー位してほしかったです… これまでの簡単なあらす

    [ 氷菓 最終話 「遠まわりする雛」 感想 ] 21:21 | うつけ者アイムソーリー

    もう面倒臭がる素振りすら見せねぇなコノヤロウ(笑)

    [ 氷菓 第22話(最終回) 「遠回りする雛」 感想 ] 23:13 | ひえんきゃく

    綺麗でいい終わり方でしたね。 これで最終回というのが惜しいです。 えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。 祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの

    [ 氷菓 #22 「遠まわりする雛」 <終> ] 02:11 | ゆる本 blog

    彼女が十二単に着替えたら? 「氷菓」の最終話。 春休み中、えるから突然「傘持ち」を頼まれる奉太郎。 行列の経路の問題でドタバタが起きたりするがえるが手配して無事収まる。 ...

    [ 氷菓 第22話(最終話)「遠まわりする雛」の簡単な感想 ] 05:36 | 恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中のブログ。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記)

    狂い咲きの桜の下で、お雛様姿のえるたそがとても映えて綺麗でしたね。 っていうか、今回で最終回なんて早すぎる、せめてちゅー位してほしかったです… これまでの簡単なあらす

    [ 『氷菓』#22「遠回りする雛」(最終回) ] 08:18 | ジャスタウェイの日記☆

    「俺の省エネ主義が致命的に脅かされている」 省エネは恋愛沙汰を扱えない? 突然、えるに「傘を持ってくれませんか?」と電話で頼まれた奉太郎。 何を頼まれているか分からず、

    [ [アニメ]氷菓 第22話「遠まわりする雛」(最終回) ] 11:52 | 所詮、すべては戯言なんだよ

    終わった。終わっちゃった。でも、終わった感じがしないのは、二人の未来ともう二人の未来がなんだか明るいものに見えてきたので、その妄想で楽しめそうだからなのかも知れません。

    [ (アニメ感想) 氷菓 第22話 「遠回りする雛」 ] 15:26 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

    投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆氷菓 第21話 「手作りチョコレート事件」の感想をポッドキャストにて収録! 里志が最...

    [ 氷菓 最終回「遠まわりする雛」 ] 22:38 | 明善的な見方

    氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]『もう春です』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助

    [ 氷菓 第22話 「遠回りする雛」 ] 22:50 | 北十字星

    氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  雛の姿になり化粧をした千反田える。 入須冬実も化けたが、えるも昔の貴族のようですね。 祭り

    [ 氷菓 第22話「遠まわりする雛」 ] 23:50 | ボヘミアンな京都住まい

    こちらの期待以上の、良い最終回でした。制作に関わった全ての方々は本当にお疲れさまでした。今回、まずは十二単に桜という組合せの絵で雅な雰囲気が表現できていたのは、さすが京...

    [ 氷菓~#22「遠まわりする雛」 ] 00:25 | ピンポイントplus

     神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第22話、最終回...

    [ 『氷菓』 第22話(最終回) 観ました ] 04:30 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

    早いもので、氷菓も最終回です。 実はこの最終回はとっても楽しみにしていた話なのです。それもこれも、我慢しきれずにネタバレも構わずに読んでしまった原作小説の短編集「遠回り

    [ 氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」 ] 10:40 | Old Dancer's BLOG

     …何と……何と美しい……。  京都アニメーションの描いた桜のシーンは、これまで何度も目にしてきましたし、そのいずれもとても美しいものでした。  でも、今回のこの桜...

    [ 気になります! ] 22:32 | 笑う社会人の生活

    アニメ「氷菓」を見ました。 テレ玉にて 日曜深夜にやってました 米澤穂信の小説 古典部シリーズのアニメ化 1作目、2作目は既読でした 日常の謎を扱ったミステリで そこに高校生

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。