--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】となりの怪物くん 12話 私は私の小さな世界を守るのに…

19:06

となりの怪物くん 12話1
となりの怪物くん 12話「年は暮れゆく」
の感想を

応援すべきはずなのに、素直になれない「夏目」
自分の経験がそれを邪魔し、自分の想いが無意識にストップをかける
ガラスの靴は目の前にあるのに、割れるのを恐れて履かずにいた

『 となりの怪物くん 』の公式ホームページはここから
『 ゴルベーザあさこの 教えてア・ゲ・ル 』のページはここから




あらすじ
勉強したい「雫」は、年明けに出かける約束をして「春」を大人しくさせる
そんなラブラブな2人を「夏目」は複雑な気持ちで見ていた
2人を応援したいけど、今の楽しい時間を無くしなくない気持ちがせめぎ合っていた
特に集まる行事も無く冬休みは過ぎ、年明け前
我慢が爆発した「夏目」は、「雫」に家に押しかけ、ついでに初詣も!
でも、ギシギシした気持ちも、もやもやした想いも 抱えたまま
「みっちゃん」は言う、永遠は無理だと、良くも悪くも恋は変わるチャンスだと
「夏目」は『 まるくなれますか 』と聞いた。



となりの怪物くん 12話2
「はははっ♪ ふふっ♪」 「丸め込まれている…」 「丸め込まれている…」

これでいいのか!? と聞かれると
これでいいんだとしか言えない、2人の安定距離は普通の人より遠めだから

約束か、「雫」は思いつきを口にしただけの様だけど、「春」の要求にストライクしたようだ
約束すると言う事は、絶対に裏切らないと言う意味の裏が言えし
どうやら「春」は確証が欲しかったようだ
欲しかったのは、「雫」は自分から絶対に離れないという証、それがお出かけの約束だったのだろう

「夏目」が「春」の思考が分からないと言っていたけど
簡単な話だよ、単純に「雫」を”信頼”しているから、何の迷いも無くウキウキしていられる
信頼はしているのに、確証が無いと不安でしょうがないんだろう
「春」は困ったさんだな~



となりの怪物くん 12話3
「みっちゃんが 最近顔見ないけど元気かって」 「いや別に… 特に理由は…」

納豆は… ないわ…

少し意外だな、2人で出歩くこともあるのか
いつも仲がいいと思っていたけど、本当にリズムが合っているようだね
あと「夏目」は気になる事を言っていた、『ミッティーしか見ていないから安心して… 』って
”安心”と言うのは、自分と「春」とでは、恋愛に発展しないと言う意味だろう

まあ確かに「春」は「雫」しか眼中にない、他の奴に色目を使うことは100%ないと断言できる
別にたいしたことじゃない、でも「夏目」にしてみれば大事な条件
中学時代、モテ過ぎたゆえにグループからハブられるという、辛い経験をしてきた
だからこそ、「春」の様な人、「雫たち」みんなが大切なんだろう
心配を全くせずに、一緒に笑える友っては「夏目」にとって、すごく貴重な存在なのかもしれない

貴重だからこそ手放したくない、ここで手放したら一生手に入らない
「夏目」にはそう言う危機感が、



となりの怪物くん 12話4
「ダメですか、春くんじゃなきゃもっと楽しいのにって…」 「わかってはいるんだけどね…」

「夏目」が危惧しているのは、ボッチになることだけじゃなく
今のメンバー内での恋愛で、みんなの仲がギクシャクしてしまわなかの不安もあるようだ

考えてみれば、中学時代グループからハブられていたのは、単にモテるからだけではなく
相手の好きな人の心を、取ってしまったってものあったよね
大抵のことなら我慢や融通をきかせて何とかなるだろうけど、恋はどうしようもないもの
誰かを取った取られたって事になり、どんなに仲の良い同士でも亀裂が入ってしまいかねない
族に言う”修羅場”と言う状態、息苦しいことこの上ない状態だろう
それを「夏目」は、すごく恐れているのかも
やっと手に入れた今この時間が、あっと言う間に崩壊しないかどうかを


他人の恋事に、悩まされるなんて大変だね「夏目」も
でも、本人同士だけの問題ってわけでもないんじゃないだろうか?
恋は意図せずとも、周りの人を巻き込んでいってしまうものなのかもしれない



となりの怪物くん 12話5
「じゃ… 私もみっちゃんさんと… まるくなれますか?」 「・・・・・・。」


「ササやん」ですら分かった、「夏目」が「みっちゃん」に恋していることに
でもおかしくないか? ここまで典型的な症状が出ているのに本人が気付かないなんて…
いや そうではなく、心にブレーキをかけていたのかもしれない
当の本人である「夏目」も、心が「みっちゃん」に傾いていることぐらい気づいているはず
なのに、距離を必要以上に置いき、考えないようにしていた
自分も気持ちを理解したうえで、あえて見て見ぬふりをしていた… のかもしれない

恋と言うのは、いともたやすく人間関係を壊すと経験で知っているから
恋をすれば、自分でこの心地い世界を壊してしまいかねないからと…
「夏目」は自分に嘘をつき苦しい想いをしてでも、今の楽しい時間を守ろうとしたんだろうね

そんな保守的な「夏目」に、
それにしても、『 人間をま~るくしてくれる 』とは不思議な言い回し方をするな
まるで 変わってきた人を実際に見てきたかのような…
も…!? もしかしたら、「みっちゃん」は恋で変われた経験者なんじゃないだろうか!?
その経験者さんは、どんな答えを出すのか楽しみだなぁ ふふふっ…
借金があるからって返事はなしだぜ!!


変わることを恐れて逃げるのか、壊れる事を覚悟して進むのか
強い人でも判断に困る、自分の心に正直になれるかどうかだ鍵だと思う  今日この頃~



『 となりの怪物くん 』の公式ホームページはここから

『 ゴルベーザあさこの 教えてア・ゲ・ル 』のページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ となりの怪物くん 第12話「年は暮れゆく」 ] 20:14 | WONDER TIME

    「私もみっちゃんさんと 丸くなれますか?」 みっちゃんを意識して上手く話せないあさ子! 初詣に行った帰り、初日の出を見に皆でみっちゃんの所へ向かったけど…   【第12話 あ

    [ となりの怪物くん 第12話 「年は暮れゆく」 ] 20:33 | つれづれ

     初詣を深夜徘徊という雫さん……

    [ となりの怪物くん 第12話「年は暮れゆく」 ] 21:16 | MAGI☆の日記

    となりの怪物くんの第12話を見ました。 第12話 年は暮れゆく 雨が降る中、一人でバッティングセンターへやって来たあさ子は宗平に借りていたものを返すのだが、宗平とは普通

    [ となりの怪物くん 第12話 あらすじ感想... ] 21:22 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

    あさ子の告白----------!?宗平に借りっ放しだったものを返そうとやってきたバッティングセンター。あさ子はやっぱり満善を見るだけでドキドキ動悸が止まらないようで。だがそこには...

    [ となりの怪物くん 第12話「年は暮れゆく」 ] 21:32 | Spare Time

    『みっちゃんへの想いを自覚し始めたあさ子は、本人とうまく話せないことをササヤンにこぼすと、“好きだからでしょ”と一刀両断。否定をしつつも、恋心は大きくなるばかり…。冬休...

    [ となりの怪物くん 第12話「年は暮れゆく」 ] 21:36 | Spare Time

    『みっちゃんへの想いを自覚し始めたあさ子は、本人とうまく話せないことをササヤンにこぼすと、“好きだからでしょ”と一刀両断。否定をしつつも、恋心は大きくなるばかり…。冬休...

    [ となりの怪物くん 第12話「年は暮れゆく」 ] 00:00 | 明善的な見方

    となりの怪物くん 2(完全生産限定版) [Blu-ray]『恋は良いよ恋は。良くも悪くも人を変える』 原作:ろびこ 監督:鏑木ひろ シリーズ構成:高木登 アニメーション制作:ブレインズ・ベ

    [ となりの怪物くん 第12話 【年は暮れゆく】 感想 ] 02:51 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

    バッティングセンターに練習に来た夏目。 じゃなくて、思いを伝えに来店~ 野郎共、空気読めないのではなく、ささやんがまだ夏目という女性を分かっていないようですけど、確かに

    [ となりの怪物くん #12 ] 10:24 | 桜詩〜SAKURAUTA〜

    【年は暮れゆく】 となりの怪物くん 3(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:戸松遥アニプレックス(2013-01-23)販売元:Amazon.co.jp ゴリラは目と目が通じ合うんだよ!(何の話ですか?) 

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。