--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】まおゆう魔王勇者 7話 後でこっそり聞かせて

06:59

まおゆう魔王勇者 7話HD1
まおゆう魔王勇者 7話「すぐ戻れる、またすぐ会えるさ」
の感想を

「姉」は楽しげに日記を書き、「妹」は はしゃぎ回り
「勇者」は、美人たちに猛アタックを受けまくる そんな日曜になりつつある
でも平和は遠とい物、光があれば闇もまた生まれる

『 まおゆう魔王勇者 』の公式ホームページはここから




あらすじ
極光島の戦いから少したち、世界は順調に回り始めて
人々は、平和になりつつある暖かいムードを楽しむ希望を見る
その頃「魔王」は教育に力を入れる準備を整え、さらなる次の策を立てていた
が、一時帰国しなければならなくなり、後の者にそれらを任せ旅立つ
貢献者もいる 頼りになる仲間もいる 全ては順調の様に見えたが
影で黒い嫉妬が、再び世界に牙を突き立てようとしていた。



まおゆう魔王勇者 7話HD2
「教育が重要な事も教育が無ければ理解されない」 「農奴は知識が少なくて…」

ジャガイモ・農地の開拓・肥料と来て
極光島の奪還による、両軍のバランスの安定化と 航路の回復と今までここまで来た
そしてさらなる手は『教育』か!! 何て的を射た策なんだ!!
前にも書いたような気がするが『教育』かなり重量、負のスパイラルから抜け出すためには!
どこかで聞いた言葉だが、人は考える方法を知ると賢くなる生き物らしい
ちゃんとした知識があれば、発明が生まれ さらにそこから応用が生まれ 文明の世界になるが
逆に知識が無ければ、よくわかんないけど気に入らないから 壊して殺しての世界になる

今の生活を維持していくには、この知識を多くに人に 後世の人に伝える必要がある
でなければ、今の生活は一瞬の灯火(ともしび)になってしまう
「魔王」は、この平和を本人たちで維持できる政策に打って出たと言う事は
丘の向こう作戦は、後半戦に入った事なんだろう





まおゆう魔王勇者 7話HD
「私目が、それで角が立たないでしょ」 「こらこらこら」 「騎士道的にも!」

角が立たない? いやいや、ビンビンに立つだろ!
「超メイド」は、たまにとんでもない言葉を口からポロリと

いまだ、この状態か!!
「勇者」は、力は1流でも恋事は3流のままか
ハッキリとしない態度が、発情した者たちをその気にさせまっくているようだ
まったくもって、うらやまけしからん!
けど、この「勇者」どっちつかずの態度は
ある意味優しさの裏返しなのかもね、優しいからこそ断れない裏切れない
「勇者」はとことん甘ちゃん、仲間を置いて一人で城へ突撃したこともそうだけど
いつまでたっても、痛い気なぐらいに優しいところは変わらずじまいなのかもね
そんなアメより甘い「勇者」に、2人… 3人は惚れこんでいるのかもね


まあでも、こんなラブラブ戦争勃発なんてしていられるってもの
人々に余裕が出てきたって事なんだろう、これも世界が平和になりつつある証なのかもね




まおゆう魔王勇者 7話HD4
「殺してやる 東の宰相め 腐れ魔族め」 「そう我々を愚弄したのだ」

一度始まった憎しみ嫉妬は、そうそう簡単には消えない…
それどころか、追い詰められれば追い詰められるほど、相手が豊かになるほど
その嫉妬は急激に増大する

これはもはや復讐、そうつまり気に入らないから戦うということ
戦う正当な理由も無く、自分たちに利益があるわけでもなく、ただウザいから…
それを助長する老人たちの凝り固まった考え、拍車をかける過去に引きずり込む
これはもう個人の暴走なんだろうが…
悪いことにこの人には権力がある、コイツが動けば何千の人が動く
個人の恨みが国の恨みとなり戦争に発展する… もうこれは一体誰のための戦いなのだろうか?
苦しみをまき散らす、人々を巻き込みながら

未来は、先々の計画が見えるだけでは実現しない
足を引っ張る古き者を切り捨てて初めて、未来に進む事ができる
この世界にもこっちの世界にも、まだまだ溜まった毒は相当量あるようだな



まおゆう魔王勇者 7話HD3
「また会おう、すぐにでも」 「また会おう、すぐにでも」

なんだろう… まるでこれが永遠の別れになるかのような…

それにしても、このタイミングで帰国…
なにかありそうな予感、「魔王」の身が危険なと言う意味もだけど
誰かの意図が絡んでいるようなと言う意味でも
墓参りをしなと地震が起きるって、一体全体どういうメカニズムなんだろうか?
もしかして、魔界と人間界をつなぐ魔法陣に異常でも?
それとも、もっと悪い何かが起こるの前触れか?
「魔王」のあの決心した顔からすると… まるで帰れなくなる覚悟としているかのような…

嵐の前の静けさのように、まおゆうにしては暖かい回だった…
まるで、「勇者」の運を一気に消化したかのように
再び戦いの火種が出来た今、また会える保証はどこにもない
これが本当に永遠の別れにならなければいいのだが…    と思う今日この頃~



『 まおゆう魔王勇者 』の公式ホームページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ まおゆう魔王勇者 第7章「すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ」 ] 14:52 | ボヘミアンな京都住まい

    誰ぞ壁を持てーぃっ!壁をっ!!何枚あっても足りぬぞ!!!www ・・・あちこちでフラグ立てまくってるDTさんが何をされているのやら・・・ ・・・というわけで誰かさんたちが

    [ まおゆう魔王勇者 #7 ] 21:48 | 桜詩〜SAKURAUTA〜

    【すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ】 まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray]出演:小清水亜美 ...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。