--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 5話 私もアンタが何考えてんのか分かんない

06:56

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。5話HD1
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
5話「俺の妹が__なわけがないし、俺の妹に__がいるわけがない」

の感想を

考えがストレートな「京介」と 行動がストレートな「桐乃」
寄り添おうとして、間逆の方へぶっちぎる
スタートダッシュは慎重に的確に!

『 オレの妹がこんなに可愛いわけがない。 』の公式ホームページはここから




あらすじ
突然「桐乃」が「京介」に恋人役をやってほしいとお願いする
モデルのスカウトを断るには、これが一番穏便にいくらしい
「桐乃」を狙うスカウトは、なかなか強情
偽恋人をより強固にするために、「桐乃」と「京介」はデートすることに
映画やゲーセンへ、その途中で幼馴染に会ったり、オタク友達と鉢合わせしたり
なんとか一日を終えいろんな意味でくたくたになった2人
「桐乃」は「京介」にダメ出し、それに「京介」は反論し、いつものごとく険悪なムードに
怒った「桐乃」は、去り際に意味ありげな言葉を口にする、戸惑う「京介」
少し不安を少し抱えながらの、グループでの夏込み参加
無事に本を売り切った頃、そこに「桐乃」の知り合いらしき人物が・・・。



俺の妹がこんなに可愛いわけがない。5話HD2
「私恋人かいるんです!って言われちゃったの」 「恋人のフリをするのが一番穏便か…」

何この演技派…

確かに中学生でモデルをするぐらいだ、「桐乃」の容姿はレベルが高いんだろうな
引き抜きが来ても全然変じゃない けど、ずいぶん回りくどい断り方をするんだな
「桐乃」の性格からすると、断固拒否して追い返すと思うんだが、今回ずいぶん大人しい
それにいくら桐乃が欲しいからと言って、デートについてくるほど暇人なのか?

それにこの人、他の人とは纏っているオーラが違う気がする
やり手と言うかプロと言うか、スカウトにしているには惜しい能力の高さを感じる
そんな人が、こんな幼稚な演技は簡単に見破れて問い詰められると思うんだが…
なぜかそれをしない、いや分かった上で「桐乃」を泳がせているのか?

本当にただのスカウトか? 何者なんだコイツは!!



俺の妹がこんなに可愛いわけがない。5話HD4
「京ちゃん? 桐乃ちゃん?」 「ゲッ、これはその…」 「ぷっ♪ 行こう京介♪」

豪快にフラグを2~3枚踏み抜く「京介」

確率的に踏みそうにない地雷を、気持ちいほど踏み抜く
さすが「京介」運も力も無くても、自分にデメリットなイベントはジャンジャン起きるな
まるで「京介」が後戻りできなくするためのデートな気がしてきた(意味深)

それに、いくら欲しいからと言って、デートを尾行するスカウトなんているだろうか?
このデート事態に大きな違和感を感じる…
言いだしっぺは「京介」のはずなのに、「桐乃」に都合の良いイベントが盛り沢山な気が
あと、この後「桐乃」が言ったセリフも気になる
「ここまでやったんだから、徹底的にやるわよ」って…
これって、最後までぼろを出さずに演技してやろうって意味だよね…
何か別の意味な気がするのは オレだけだろうか・・・


もしかして、そもそも最初の方(冒頭から)からが、演技だったりしてな…



俺の妹がこんなに可愛いわけがない。5話HD3
「感謝してるんだぜ」 「わぁ~すご~い」 「なんか恋人って感じじゃなくね?」

「京介」は通常営業として
「桐乃」口から優しいとか 頼りになるとか 好きだとか の言葉が出てくるとは!
いつもイガイガ言っているから、「京介」の事を突き放しているのかも思っていたが
最低限の感謝はしているようだね、心の中までツンツンしているかと思っていたよ
見た目とは裏腹に、「桐乃」の心の中では繊細な感情が渦巻いているのかもね
オレも「京介」と同じく、「桐乃」のことはまだ一部しか分かっていないのかもしれん


そして、よそよししい「京介」
自分が手塩にかけて育てた可愛い妹が、よそで恋人作ってたと聞けば気になるよね
お前に妹はやらん! って感じに誰だってなるだろう、オレもその口かもしれん
だが それとは別に、「京介」には何か変な必死さが感じられる
「桐乃」は一様モデル、モテモテで恋人の一人や二人がいても全然おかしくなんてない
でもキョドる「京介」、恋人なんて出来ないという確信でもあったのだろうか?
その変な自信もそうだけど、その無警戒も何処から来ているのやら

世の中ではこれを『嫉妬(しっと)』と言うんだよねぇ~



俺の妹がこんなに可愛いわけがない。5話HD5
「また一緒にやろうな」 「・・・・・・うん」 「・・・・・・。」

今回の「桐乃」は喜怒哀楽が激しいな

「京介」幼馴染やオタク友達にばったり出会い、してやったりの顔をしたり
演技の一環として無理やりプリクラを撮って、でも案外楽しそうだったり
家に帰って デートでの態様が悪かったと怒ったり
それに初同人販売が大成功に終わったのに、どこか浮かない顔をしたり
右往左往する「桐乃」ってのも珍しいな、そしてその原因は誰でもない「京介」
今まで「京介」が「桐乃」に振り回されてだけど、それが逆転してしまったな

ここからは独り語だけど
「桐乃」のちょっとした好奇心が、「黒猫」の危機感に火をつけてしまったな
火に油を注ぐってのは、まさにこのことだ
中途半端にことを進めると、事態を余計に悪くしてしまうアレだよね
火を消す時は手早く大胆かつ慎重に、そうでないと全焼する羽目になっちゃうよ♪
はて? なんの話をしていたんだっけ?


最近攻防が激しくなってきている気がする 今日この頃~



『 オレの妹がこんなに可愛いわけがない。 』の公式ホームページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 2013年02クール 新作アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第05話 雑感 ] 09:11 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム

    [俺の妹がこんなに可愛いわけがない。。] ブログ村キーワード 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第05話 「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」 #o...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。