--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】物語シリーズセカンドシーズン 1話 今はこれが精一杯

06:59

化物シリーズセカンドシーズン 1話HD5
<物語>シリーズセカンドシーズン
 1話「猫物語(白)つばさタイガー 其ノ壹」

の感想を

猫も歩けば、虎に喋りかけられる
メガネをはずした「つばさ」は萌えて、家が燃える
「アララギ」がいなくても、ツッコミが絶えない変なテンション

『 <物語>シリーズセカンドシーズン 』の公式ホームページはここから




あらすじ
あれ?アララギくんの姿が見えないな、と思いながら「戦場ヶ原」と立ち話
虎の話をしアララギを頼る頼らない話をしていたら、家が燃えていた
友達の家にお世話になると、家族?に報告し、アロハが元住んでいた巣へ
昼食・晩食済ませた「羽川」は眠りにつき、それを「戦場ヶ原」が叩き起す
一人でこんなところでと泣き怒りながら言い、自分の家に引き入れる
一緒に風呂に入るかどうかの話に花を咲かせる2人
そこに「アララギ」はいない。



物語シリーズセカンドシーズン 1話HD2,5
「でも今日お休みみたいだし」 「いること以上に存在感の無さね」

この町は とことん怪異に恵まれているな、道を歩けば虎に喋りかけられるのだから

アロハいわく、怪異はどこにでもいるらしいけど
こうも続々と出てくると有難味が… いや出てきて嬉しい物じゃないんだが
一度、見入られた人は、ちょっかい出されやすいということなのだろうか

ところで「羽川」が委員長ぽくなくなった気が… いつからだろうか?
オレの頭では「羽川」は片思いな猫でインプットされているから、記憶があいまい
まあ可愛いからよしとして
「戦場ヶ原」は色々短くなっている 袖をちぎっちゃうとか世紀末だな
何でイメチャンしたのかと聞かれたら思い当たる節が一つだけある
その踏ん切りの原因は誰でもない「アララギさん」、罪作りな奴だ

離れようと思っても、怪異の事は「アララギ」にしか聞けない、頼るしかない
「つばさ」は「アララギ」に、磁石のように引き寄せられる運命ずけられているのか


化物シリーズセカンドシーズン 1話HD3
「何かあったらどうするの、許さない絶対に許さない」 「わかった わかったからごめんなさい」

意外、滅多に感情を表に出さない事をポリシーにしている「戦場ヶ原」が取り乱す
あの”思いを投げた事件”の時の記憶が、「戦場ヶ原」に警報を鳴らしたようだ

「つばさ」自身の部屋がない事は知っていた、何処で寝る?もしや廊下か?
とか想像していたら、本当にそうだった…
調理器具まで分ける徹底ぶり、一つの屋根の下で暮らす意味はあるのだろうか?
他人行儀はしっていた、けどもうこれは他人というより 赤の他人 
シェアハウスの住人だってもう少しフレンドリーな気がする
「戦場ヶ原」が『 アレは両親と言わない 』というのだから間違いない

両親?も両親としての自覚が無いのもそうだが 「翼」も翼で足りてない物があるな
自分の存在が希薄というか、凄くいい加減… とても投げやり…
自分を守るをいう意識が欠如している、自分を過小評価し過ぎだよ
それだけの力を持ちながら、自分をそこまで否定して… それってすごく寂しくないのかな?

寂しくないわけ無いよね…



化物シリーズセカンドシーズン 1話HD1
一緒に入りましょう、恥ずかしがることはないでしょ」 「この場面でその言葉は信じられない」

この人どれだけ自分の裸体に自信があるんだ!?
というより見て欲しい? 見て欲しいがために家にホイホイしたのか?

踏ん切りでもついたのか最初からこう言うキャラだったのか
まるで「アララギ」みたいだ、というかこのセクハラ度、「アララギ」そのものな気がする
何処で何を拾い食いしたのか、ボケの切れ味が格段に上がっている
というより、すがすがしくなっていると言った方がいいのかな?
何処で何をふっ切ったのかは知らないが、こういう「戦場ヶ原」もいいかもしれない
ツンデレちゃんも日々変わろうと努力しているのかもね



化物シリーズセカンドシーズン 1話HD4
「ねぇ羽川さん、アララギ君の事今でも好き」 「うん今でも好きだよ」

認めているからなのか?、今自分が「アララギ」を契約しているからなのか?
コイビトいる人を そのコイビトが 片思いに好きかどうか聞くなんて
まったくもって素直すぎる質問、そして素直すぎる答えだね

基本的に2人は「アララギ」を通してのつながりが主だった、直接的関係ではなかった
それに298円の恋を奪い合う仇同士だし、敵対しているとおもっいていたけど
そんな簡単な関係ではないようだね、じゃあどんな関係?と聞かれたら困るんだが
敵ではない…よう、どんな心境の変化があったのか、イヤそもそも変化してないのか?
認めるわけにはいかないけど、憎むべき敵ではない とかとかなのかな?
「アララギ」をまたいだ存在同士であるけれど、同じ年のクラスメイト同士
これが”友達”ってやつなのかな?

2人ともツンとか素直じゃない奴だがら、分かりにくい事この上ない
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。