--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】物語シリーズセカンドシーズン 8話 そんな運命認めるかよ

06:34

物語シリーズセカンドシーズン 8話HD1
物語シリーズセカンドシーズン 8話「傾物語まよいキョンシー 其ノ貳」
の感想を

引き寄せられる力はある 時間にも スカートにも
どう仕様も出来ないその思いが、今の「阿良々木」を突き動かす
しまった!と思った時には、時すでに遅し




あらすじ
偶然に11年前に時間移動した阿良々木は、ぶらぶらしてみる
もしかしたら八九時を怪異になることを防げるんじゃないかと思いつく
さすればすぐに実行、ちびっこい羽川に交番を教えてもらい、交番から場所を知る
張り込みをしたはいいが、早朝に出かけた事を知る走る
そして時間の強制力や ハートフルコミニケーションしたい気持ちに負けず、八九時を助ける
会えなかったはずの親に会えた八九時
心おきなく自分の時代に帰る阿良々木であったが……。



物語シリーズセカンドシーズン 8話HD2

タイムパラドックスって知ってる?

こんな時間旅行者見たこと無い
「アララギ」といい「忍」といい、なんかとってもいい加減
時間旅行を提案した本人があれじゃ心もとないどころではない
何で時間を超える方法を知っておいて、細かい設定うんぬんが全くの無知なんだろうか?
口ぶりからすると初めて…… だったようだが、なぜかかつぜつが悪い
それに「アララギ」もアララギだ、いきなり欲望全開!
不祥事を起こした後で自粛しても遅いんだぞ

もしかして壊滅したのは、「八九時」じゃなくって「つばさ」との接触が大きかったりして
上限知らずの変態に小学生が出あったら、きっと一生忘れることはできないだろう(笑)
なんだか時間旅行者というよりはこの2人、タイムテロリストって感じだ……



物語シリーズセカンドシーズン 8話HD3

確かに、助けられると言えば「八九時」だけかもしれん
「戦場ヶ原」の場合は病気だったよね、そして治る事を神頼みした親が暴走した
病気自体をなんとかするとは現時点では出来ないし、親の不安な思いを緩和することも出来ない
「つばさ」の場合、長い年月蓄積されたストレス、養子として引き取るでもしない限り回避可能
それに取りつかれたと言うよりは、潜在意識が生み出したって感じだあらね、アレは特殊
「駿河」の場合は、親の残したサルの腕の乱用
サルの腕を盗むって方法もあるけど、嫉妬の部分が大きい、腕が無くても何かしら起きたと思う

タイムスリップという、一見してなんでも出来そうな裏技を使っても
人の大きな流れを変えることは、そう容易いことではないのかもしれん
そもそも外部の人間が、人の深い部分に干渉しようとすること自体が無謀なのかもしれん
”無力か……” そんな言葉が出来てきてしまう



物語シリーズセカンドシーズン 8話HD4

趣味、入ってません?

ちっちゃい金髪メガネが、朝方ウロウロしているだけで不自然に見えるのだオレだけだろうか?
そんなあんがいいか持ってのは、この際横に置いて
「八九時」を助けられるからといって、助けるべきなのだろうか?
後悔先に立たず、生きているならまた挑戦できるけど、死んでしまったら何もできない
なんとか出来るならすべきであろうけど、本当にそれでいいのだろうか?
よく聞くじゃないか『昔に大失敗したけれどその経験から今は幸せを手に入れたんだ』と
アレがあるから今がある、長い人生から見て、失敗ってのはけして悪い事じゃない
でもこの場合、失敗そのものが死であり先は無いんだが、意識はある
この場合、幽霊の部分も「八九時」の人生の延長上とすべきなのだろうか否か

結局「アララギ」の行動は、今世紀最大のお節介なのかもしれん
助けてやりたいと言うのは、結局「アララギ」の自己満足でしかないのかもしれない
この時横にいたのが「忍」ではなく「八九時(蝸牛)」だったら、どう答えていたんだろうな
「元キメ顔」が言っていた『 幸せだったかどうか 』ってのが引っかかる



物語シリーズセカンドシーズン 8話HD5

リスク、じゃなくてラッキーじゃないのか? 「忍」にとってそれは……
前はダンマリキャラをつき通すほど、恨んでいたはずなのに
案外「忍」は今のキャラを気に入ってしまったのだろうか?

にしても、壊滅?
一人の迷子の死に方を変えただけで、世界が終るほどの自体が起こり得るのか?
「アララギ」の滞在で変わったことは、
「八九時」が怪異にならないことと、幼き事の「つばさ」がセクハラを受けたことぐらい
変化があって、「アララギ」がさらに嫌われ者になるだけな気がする

バタフライフェクトという言葉がある、蝶の羽ばたきが遠くの土地で嵐を引き起こす
小さな変化がのちのち大きな変化をうむ、タイム系の話にはよく出てくる話
ドミノ倒し的にめぐりめぐってってことなんだろうけど、やはり不自然な気がする
一人の小学生の生死が世界に与える景況はそんなにも大きいのだろうか?
それとも「八九時」が世をさまよう事によって、助かる物があると言う事なのだろうか?



関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。