--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】物語シリーズセカンドシーズン 21話 違和感ではなく嫌な予感

18:10

物語シリーズセカンドシーズン 21話HD1
物語シリーズセカンドシーズン 21話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹」
の感想を

人に他の見事するのって勇気がいるよね
相手が目上だったり、上司だったり、詐欺師であろうものなら難しい
人から力を借りるのがこうも大変だったとは……

『 物語シリーズセカンドシーズン 』のサイトはここから




あらすじ
「貝木」もとい「鈴括」は、「千沼々原」の依頼を5つ返事で承諾した。



物語シリーズセカンドシーズン 21話HD2

コイツはアホである
嘘つきも一流になると大変なものなんだな、同情するよ
にしても、いくら不可解極まりなく、あの「戦場ヶ原」からだと言うからってここまでするか?

コイツら、アホである
相手は詐欺師、相手は自分を恨めしく思う高校生、どちらとも初対面じゃない
相手を上回ろうとして知恵を絞ったあげく、結局的に子供っぽいことしてる、大人げない

「戦場ヶ原」がぶっ飛んだことしていると思ったが、対象を聞いて納得した
まるほどラスボスね、確かにアレは貝木クラスを持って来ないと手に負えない


物語シリーズセカンドシーズン 21話HD3

「戦場ヶ原」の腹黒さから、「貝木」を騙しにかかると思ったんだが
まさか本音で体当たりしてくるとは、まるで純情な子がやりそうな手段だ

交渉には、色々な大人のマナーが存在する
その一つとして、自分に都合のいい事は言い、都合の悪いことは相手には教えない
自分が払うものは最小限に、相手にしてもらう事は最大限に
だがしない、何を考えているのか「戦場ヶ原」はと思うが、なんとなくわかる
多分、人を騙すことだけは一流の「貝木」を騙そうなんて、はなから無理だと思ったのだろう
いや案外、その純情そうな態度自体が”騙し”だったりしてね
まあなんにしろ、「戦場ヶ原」は依頼ではなく「貝木」に”お願い”をしに来たって事だ

詐欺師にお願いって…… 腹違いだけど



物語シリーズセカンドシーズン 21話HD4


もともとコイツ(貝木)はこう言うやつだ、性根が腐ってるんだしかたない
金、専門家風吹かせた詐欺師なんだから、お願いするのには金は必須だろ
それが分からない「戦場ヶ原」ではないはず…… はずなんだが
十万円か…… 少ない少な過ぎる、沖縄までの往復飛行機代の方が高くつきそう
おそらくではなく、「戦場ヶ原」はかなり焦っている、金がないのに詐欺師に合うぐらい
藁(わら)にもすがる思いとは、まさにこれを言うのであって、他には無い

考えてみれば「戦場ヶ原」に怪異に関する知識を持った知り合いは2人しかいない
一人は「アロハのおっさん」、もう一人は憎き詐欺師
「阿良々木」にはやたらその筋の知り合いが多いから忘れてたけど、
普通に暮らしてしる人が、専門知識を持つ人間の知り合いなんてそうそうない
だからか、頼れるものは頼らないといけない それしかない
悔しいだろうな 情けないだろうな、それでも誰かのために頭を下げる
大人になったな「戦場ヶ原」は、もう重荷を背負う事を恐れていないようだ
まあこのままでは、重荷で圧死してしまうがね……




物語シリーズセカンドシーズン 21話HD5

ププッ、なにマジになって考えてんの? このおっさん
もしかして、可愛い高校生にお願いされちゃったから、鼻の下でも伸ばしてんのだろうか

沖縄まで駆けつけるところで、薄々気づいたが
案外「貝木」は「戦場ヶ原」が気になっているんじゃないかと、
後悔の念に押しつぶされているんじゃないかと
まあ理由はどうあれ、どうにも「貝木」は依頼を受けない理由を探しているだけに見える
オレの見間違いでなければの話だが
よく頑張ったおっさん
とりあえず、「戦場ヶ原」を助ける理由が見つかってよかったな



まさかと思うが、「駿河」のためだと言うのを本気で言っている訳ないよね?
本気だったとしても、それは正常な判断ではないがな  今日この頃~



『 物語シリーズセカンドシーズン 』のサイトはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。