--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】境界の彼方 9話 知らなきゃよかった・・・

06:15

境界の彼方 9話HD1
境界の彼方 9話「銀竹」
の感想を

知ることで人は強く賢くなれると、誰かが言っていた気がする
知識は人の人生を豊かにするし、磨いた技はどんな時でも人を裏切らない
でも弱くなってしまう事も、あるかもしれない

『 境界の彼方 』のオフィシャルサイトはここから




あらすじ
ナギの最中、異界士協会の「藤真」は行動を起こしはじめる
混乱の中、「秋人」の中の妖夢が目を覚ましてしまう
「博臣」は、「泉」の行動を不穏に思い蔵を家捜しした結果、あることに気付く
「秋人」の中に、最強の妖夢がいることを知る
しかし全てが遅く、「未来」の血の刃が「秋人」を貫いた。


境界の彼方 9話HD2
「・・・表情は作り過ぎており自然さに欠ける」 「不愉快です・・・」

俺達はかけがいのないバカを失った……

メガネ屋のショーウインドウで7時間と聞いた時からまさかとは思っていたが
ここまでメガネを溺愛していたなんて、とんでもない逸材だったんだようだ
本当に「未来(のメガネ)」の事を強く愛していたんだな
人は、失って初めてその存在の大切さに気付くと言うけれど
今まで俺達が「秋人」のメガネトークに救われていたか、ようやく分かったよ


いいやつだったのに、残念で仕方がない…… (まだ死んでないけど)



境界の彼方 9話HD3
「ご心配なく、回収させてもらうだけですから」 「キサマ!!」

なるほど、すべては読めてきた

なぜ皆は『うつろな影』を求めるのか
それは『境界の彼方』にも匹敵する力を持っているから、武器として使えるから
なぜ性格は仁しく無害な「秋人」を必要以上に危険視するのか
ただ強力な妖夢ではない上に、その正体はとんでもない代物だから
能力は強いが 異界士としてはまだ未熟な「未来」をなぜみんなが気にかけるのか
それは「未来」が切り札だから

たぶん『うつろな影』の一件も、今考えたら仕組まれていたかかも
そう言えばだが、『うつろな影』って実体がないんだよね…… でも「未来」は倒せた
実体のないはずの妖夢を倒す…… 血の力か
おそらく「未来」にしか「秋人」を倒せないと言うのは、そういうことだろう
妖夢ですら溶かす、強力な能力
それが「境界の彼方」もとい、不死身の「秋人」を殺す切り札だったってことだね


境界の彼方 9話HD4
「アッキーを殺すんだな、最初からそれが目的だったんだな」 「はい・・・」

「未来」が、なぜ名瀬家に引き取られたのか
レアな「秋人」もあるし、単純に観察対象か、
それとも強力な物を手元に置いときたいという名門の性かと……
でもそれなら『名瀬家』が引き取るはず…… でも引き取ったのは「泉」らしい
あんなにでかい家を持ちながら招き入れるのではなく、アパートに住まわせる
善意からではなく、こっそりと利用するため
「泉」は「未来」を”この時”のための隠し玉として使うために、呼び寄せたんっだろう


初めから…… 「未来」が転校してきた時から全ては始まっていたのかもしれない
今振り返ってみれば、いきなり「未来」がぶっ刺してきたのかわかる
最初から「秋人」を殺す目的でこの町にやってきた、そして勝負を仕掛けた
スキあらば刺しにかかり、人との触れ合いを拒絶する

そうだよね、まったくもってそうだよね
「未来」が頑なに心を閉ざし、『不愉快です』と皆を遠ざけ続けていたのか
だって、ターゲットである「秋人」と仲良くしたら、殺しにくいもんね
そう全ては最初から始まっていた、こうなる事をわかっていた
だから「未来」は「秋人」を嫌いであり続けようとしたんだろう



ところで一つ疑問がある
「秋人」の中にいる妖夢が「境界の彼方」の本体なら、
それが自分自身の力の”妖夢が弱る”によって自分も弱るなんて事があるのだろうか?



関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 境界の彼方 第9話「銀竹」 ] 08:09 | 破滅の闇日記

    境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る  秋人が妖夢化しました。そこから物語が急展開していきます。異界士の技術で何とかなるだろう。暢気に考えていましたが、それでは済まないようですね。明かされた設定が告げてきます。凪が終われば、秋人が妖夢になってしまう。人である部分が、妖夢の部分に喰われてしまうようで。泉も未来に教えながらも、何かを...

    [ 境界の彼方 #9「銀竹」 ] 11:16 | MAGI☆の日記

    境界の彼方の第9話を見ました。 #9 銀竹 未来が写真館へと急ぐと、凪の影響を受けた秋人が妖夢として目を覚ましており、未来や美月、博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。 「どうして秋人が妖夢化を?」 「先輩が倒れた時、彩華さんが言っていました。人間の部分が極端に弱ってるって。多分、凪で弱ってる妖夢の部分よりも人間の部分がさらに弱くなったせいで」 「結果...

    [ 境界の彼方 第9話「銀竹」 ] 20:12 | WONDER TIME

    「私、本当に呪われてるのかもしれません」 こんな事になるなら知らなければ良かった――― 未来に秋人を殺させようとする泉に疑いを持った博臣が目にした衝撃の事実    【第9話 あらすじ】 未来が写真館へと急ぐと、そこには凪の影響を受けた秋人がいた。未来や美月、そして博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。そして泉は未来に、冷酷な言葉を投げかけるのだった。 倒れた...

    [ 境界の彼方 第9話 「銀竹」 感想 ] 22:08 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

    戦いは泉おねいさまに引き継がれました。 槍をぶんまわしてこの作品の中では一番強いんじゃないでしょうかね? 藤真の攻撃もすごかった。 彼は多分、まだ本気を出していない。 境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る

    [ 境界の彼方 第9話 「銀竹」 感想 ] 20:57 | wendyの旅路

    泣斬馬謖―

    [ 境界の彼方 第9話「銀竹」 ] 02:27 | Old Dancer's BLOG

     「銀竹」は、「つらら」を表す言葉、だそうです。  作中でどの部分が「つらら」に当たるのか、明示はされませんが…色々と思いを巡らせられる幅はちゃんとありますね。例えば、「氷のように冷たい」「鋭角に尖った」なんて辺りは、藤真や泉の抱く悪意に通ずるものがありますし。この二人の描写については、前回のレビューでも触れたんですが…更にそのベクトルが突き抜けてきていて、い~い感じの悪役加減をバンバ...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。