--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】物語シリーズセカンドシーズン 25話 俺はこういう人間なんだよ

06:19

物語シリーズセカンドシーズン 25話HD1
物語シリーズセカンドシーズン 25話「恋物語 ひたぎエイド其ノ伍」
の感想を

騙すことなら右に出る者はいないのではないかと噂の人物「貝木」
正義を騙し、鬼モドキを騙し、神まで騙そうとする したたかな奴
騙すことならプロの領域、ただそれは自分にも適用する偽り

『 物語シリーズ 』のオフィシャルサイトはここから




あらすじ
「羽川」から一通りの事情を聞き、「貝木」は現状おかれている状態を把握する
ホテルに戻り、「戦場ヶ原」と「あと電話するの2回かそこらだろう」という話をする
不安要素を不具えない「戦場ヶ原」に、安心しろ絶対騙すと「貝木」は言った
決戦日当日、待合ホームで「斧ノ木」に出会い、やはりやるのかと再度と問われる
「斧ノ木」の言葉を「貝木」は一掃し、神社へ
出迎える「撫子」、計画通りのセリフで騙しにかかったが……。



物語シリーズセカンドシーズン 25話HD2


えっ? どういうこと?
今まで「貝木&戦場ヶ原」との関係は、ジョークか イヤミなどかと…
恋とか大げさなものではなく一過性な気持ち、信用とか 信頼とか 自分を助けてくれる大人
あの時の「戦場ヶ原」は若かった、だから「貝木」が眩しく見えた
家族以外で始めて信用した人物が「貝木」な、だけ…… じゃないのか!?

ずっとそう思っていた…… えっ、どういうこと?

電話のやり取り、どお聞いても元恋人との会話にしか聞こえない、勝手に幸せになれとか何様!
誰しもラブラブカップルを見たら嫉妬するもの、「貝木」に限らずオレだって発狂するかも
でも「貝木&戦場ヶ原」との会話で、その系統の話が多い気がするのはなぜだろうか?
案外気にかけている? それとも「戦場ヶ原」を気遣っている?
実は裏では親の宗教ぶっ潰した事実を知った今では、「貝木」をどうにも悪人には見えない
まあ、サイテー野郎には変わりないんだが(シスターズの恨みがある)
「貝木」いわく、世の中で信頼できるものは金のみらしい
本当にそうなのだろうか? 「貝木」の口調には騙すためだけにしてはゆとりがある気がする
プロにはプロの信念があるように、「貝木」には「貝木」の守るべきものがるのかもしれない

「貝木」の価値基準の中には”お金”以外に”恋”も含まれるのかも



物語シリーズセカンドシーズン 25話HD3

なるほど

なぜか? 今回の一番の謎、こんな金ならない依頼を受けたのか?
「斧ノ木ちゃん」の会話でようやく分かった
「戦場ヶ原」に『 晴れて大学生になれる… イチャイチャしろ 』なんて具体的な事を言ったのか
誰でも無い自分のことだったから…… いや自分では出来なかった事になるのかな?
「貝木」は「ガエン姉」とつき合っていたが、大学で自然消滅した部類なんだろう
ハリポタでもいたよね、「スネープ先生」とか言う恋した人の忘れ形見を必死で守っていた人が
「貝木」も「スネープ先生」も何ら変わりはない、物凄く不器用な人だって事
「撫子」に同情したもの、自分にも思い当たる不利があるからで、
片思いという名の”恋”を未だにし続けている、想うだけで満足してしまう悲しい人だった

けなげな片思いする「撫子」を見て、壊れやすそうな「戦場ヶ原」の声を聞いて
見て見ぬ振りが出来なかった…… 助けずには居られなかった
あの時出来なかった 叶わなかった想いの穴埋めでもしているのだろう なんの意味も無いのに

恋に浮足立ってしまうのは、なにも「戦場ヶ原」だけではなさそう
「貝木」なんて見事にツルツル滑っているよ



物語シリーズセカンドシーズン 25話HD4

マズった・・・ 詰めを誤った・・・

まさか向こうの方から話を振ってくるとは、偶然だろうが「撫子」の直感は恐い
あの返答を着た後から考えると、これは「撫子」の方から仕掛けたと見えなくもない
まあ、敗因の多くは「貝木」の騙し方にあったが気がするが・・・

誰かに喋ってしまうと願いはかなわない、そういう話の持っていき方をした
片思いの終着点を”殺す”にしたんだろうが、「阿良々木」って人 死んじゃったよ?っと
そう言う騙し方を・・・

悪いが、これはオレでも騙されない
「阿良々木」や「戦場ヶ原」までならともかく、なぜ「忍野」まで死んだことにした?
都合よ過ぎると言うか不自然、それを赤の他人のはずの「貝木」がいいたすのも変な話
そもそもこの騙し方、最初から無理があったんじゃないか?
「お兄ちゃん」に騙されたと勘違中の「撫子」を騙そうなんて、無謀だったのかも
言いくるめる、考えを当たら目させるなら未だしも、騙された人を騙そうとするなんて……

「貝木」は、根本的に切るカードを間違えた
「ガエン」が危惧していたのはこれだったのか、大失敗過ぎて目も開けられない


言ってしまうと願いは叶わないらしいが、言葉にしなければ伝わらない物もあるんだよ 今日この頃~



『 物語シリーズ 』のオフィシャルサイトはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ <物語>シリーズ セカンドシーズン 第25話 「恋物語 第恋話 ひたぎエンド 其ノ伍」 感想 ] 19:02 | wendyの旅路

    弘法にも筆の誤り―

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。