--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】物語シリーズセカンドシーズン 26話 みんなみんな嘘つきだ

06:14

物語シリーズセカンドシーズン 26話HD1
物語シリーズセカンドシーズン 26話「恋物語 ひたぎエンド其ノ陸」
の感想を

未来はキラキラしたものじゃいけなくて、夢は具体的じゃいけなくて
手に届く希望が夢なのか、実現できない絵空事が夢なのか、それとももっと別の何かか?
夢は人に分かってもらう必要があるのだろうか、それとも夢はこっそりするものなのか
夢に縛られなければいけないのか、夢を縛らなければいけないのか
それら全部全部どうでもよくて、夢は夢であればいいと誰かが言った。

『 物語シリーズ 』のオフィシャルサイトはここから




あらすじ
「貝木」のついた嘘は意図も簡単に「撫子」に見破られてしまう
怒りは頂点、約束は守るけどもっと殺そうと言って、「駿河」の名まで出し始める
「貝木」はクローゼットの謎を「撫子」に付けつけ、
夢はいいのか? 神様になりたかったのか? 本当にやりたかった事はなんなのかと問う 
今更やめられるかという「撫子」に、いいじゃないかやめちまえという「貝木」
話を聞き続け心が動く、「撫子」は「貝木」に騙された
「貝木」は無事に「戦場ヶ原」の依頼を完遂した。



物語シリーズセカンドシーズン 26話HD3

本当にしょうもないものだった・・・
誰だ死体とか大げさなこと言った奴は!? どこにでもいそうな中学生じゃないか!!

死んだ嘘は見抜かれ、通じた作戦が「漫画家になりたいのか?」とは恐れ入った
ちなみに確認したところ、漫画のタイトルは『 キミとなでこ 』って、えっ!?
自分が主人公の妄想垂れ流しな創作物ですね、はい
どうやらこれは、「阿良々木」が先ではなく、どうやら後から「阿良々木」になった模様
恋から始まるストーリーではなく、恋を求めるストーリーといった方がいいだろうか?
目の前にいた「カッコイイ人」がたまたま「阿良々木」だっただけ
そう、「阿良々木」は重要ではなく、「撫子」の心の方が重要だったのかも
とろける様なラブラブな恋愛を、ただ自分でも したかった”だけ”なのかもね

いつかオレは、「撫子」に”裏表”があると言ったけど、少し違ったみたいなので訂正させてもらう
可愛いとか絶滅危惧種とか周りの人からのイメージが”表の撫子”だとすると
裏の撫子は、極悪で叶わなければみんな潰すという悪いものかと思ってたけど
そうじゃない、もっと普通で、もっと単純で幼稚
まだまだガキのくせに一著前に恋に憧れ 恋焦がれるのが”裏の撫子”だったんだろう



物語シリーズセカンドシーズン 26話HD2

今更気付いたんだが
「戦場ヶ原」から「壊れた母親」を切り離すべきと考えて、宗教をぶっ潰したらしい
それだけだったんだろうか? 「貝木」がした事は?
もしかすると、「戦場ヶ原」に取りついた「蟹(カニ)」は「貝木」が仕組んだのかも
想いを肩代わりする蟹、離れられるし忘れられるし…… っと
お節介を

はてな?
かけがいのない物は嫌い、お金だけが大好きですなんて誰が言ったっけ?
じゃなぜ今ここで、危険な蛇神に大口叩いて説教なんてしてるんだ?
「貝木」、お前にとってかけがいの無い物がない? いいや、あるじゃないか!!
やり直せてない奴が、やり直せるなんてよく「撫子」に言えたもんだ
全てを失ったような白い顔して、希望に満ちた言葉を口に出来るもんだ

あの時、中学生詐欺の時、簡単に引き下がったのも偶然じゃない
お金よりも勝る物が、「貝木」の心の中にあったから…… なんじゃないだろうか?
そして「撫子」にした熱い答弁も、嘘になりきれない本心があったから、届いたんじゃないだろうか?



物語シリーズセカンドシーズン 26話HD4

これが嘘つきの末路か

「撫で子」に嘘をついて、「戦場ヶ原」に嘘をついて、自分にまで嘘つく奴
本人が良かれと思ってしてきたことだけど、他人からしてみれば悪いものでしかなく
もちろん、「貝木」当人にとっても悪い物であるに違いなく
自分を欺き続けた人生は、さぞ冷たかっただろう
「忍野」のように、もう少し善意的にしていれば、違ったのかもしれない
生きてりゃ、もう少しいい事もあったのかもしれない


「忍野」と言えば、確かに消えたままにしては長い気がする
ふらっと遠出しているだけかと思っていたが、顔を全く見せないのも変な気がする
大学サークルメンバーが勢ぞろいするほどの緊急事態だと言うのに…
「忍野」の親戚を語る誰か? ことをより悪い方へ導く誰か? いつの間にかいた誰か?
お前は一体全体”何”で”誰”なんだ!?



始まりがあるから終わりがある とよく言うが、果たしてそうなのだろうか?
始まりがあっても終わりがないものは世の中に数多くある
実は全ては逆で、終わりがあるから始まりがあるのかもしれない 今日この頃~

終わりが、あればね♪ 良いお年を



『 物語シリーズ 』のオフィシャルサイトはここから 
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 物語シリーズ セカンドシーズン 第26話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」 ] 08:42 | 破滅の闇日記

    化物語PRODUCTION NOTE -characters- 新装版(2014/01/23)不明商品詳細を見る  貝木泥舟が主人公をやりきりました。殴られ蹴られながらも、必死に説得する。阿良々木暦と似たようなことをしていました。内向的な女子中学生の精神で、神様が暴力を振るいまくる。痛そうであります。こちらは大人キャラということで、嘘に本心を含ませて説得しています。後で本人さんが肯定して...

    [ 物語シリーズ セカンドシーズン 第26話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」 ] 11:20 | 空 と 夏 の 間 ...

    恋物語、完結編。 セカンドシーズンは、ひとまず終了となりますが… また気になる引きで続編が気になりますね(笑) 千石撫子を騙しにかかる貝木。しかし撫子は意外にもあっさりと貝木の嘘を看破、 大量の白蛇で攻撃してくる。 瀕死の詐欺師の舌が最後に吐くのは、嘘か、まことか――。  

    [ <物語>シリーズ セカンドシーズン 第26話 「恋物語 第恋話 ひたぎエンド 其ノ陸」 感想 ] 22:56 | wendyの旅路

    巧偽拙誠―

    [ 恋物語「ひたぎエンド 其ノ肆 - 其ノ陸」[終] ] 19:31 | パンがなければイナゴを食べればいいじゃない

    評価 ★★★★ 臥薪嘗胆だな なんか注目ワードらしいから使ってみた まあ、それはともかく…… 最初から信用してないから嘘だってバレるってのは可哀想だな……貝木が

    [ 物語シリーズセカンドシーズン 最終回「ひたぎエンド 其ノ陸」 ] 21:32 | 明善的な見方

    傾物語 第ニ巻/まよいキョンシー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]『分かった、騙されてあげる♪』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤香菜  ...

    [ 物語シリーズ セカンドシーズン 第26話(最終回)「恋物語 ひたぎエンド其ノ陸」 感想 ] 19:35 | 気ままに歩く〜Free Life〜

    様々な恋の形。 だいぶ遅くなりましたが、書かなくちゃいけないと思ったので。 鬼の時と同様、統括で失礼します。

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。