--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】中二病でも恋がしたい!戀 3話 フィジカル・リンケージ!!

06:43

中二病でも恋がしたい!戀 2話HD1
中二病でも恋がしたい!戀 3話「進撃の・・・魔法魔王使い」
の感想を

強力な固有結界である『シュラバー』の発動を感知!!
なんだ何事だ、これほどの強力な魔力は未だかつて感じたことがない!
これは行かざる負えない、オレが行かずに誰がいく!! (いや書くかな?)

『 中二病でも恋がしたい! 2期 』の公式ホームページはここから




あらすじ
不可視境界線を発見した今、邪王真眼は次なる目標を見定める
「勇太」の中に潜む黒炎龍の封印を解き、暗炎龍に進展させること
だが当の本人はその気は全く無く、封印解除は困難
そこに一人の刺客が現れる
過去、ダークフレイムマスターの師であり、輪廻回廊を共に探し求めた仲間
勇者「勇太」と魔法使い「七宮 智音」は、運命の再会を果たす。


中二病でも恋がしたい!戀 2話HD3

確かこれ、キョウダイになる儀式か何かだった気がする

魔王で?魔法の?7世さん? 設定テンコ盛りだな、わけがわからないよ
せめて悪魔とかの闇のものなのか、天使とかの聖なるものなのかハッキリして欲しいところだが、
まあ、どうやらそこは重要ではないらしい (六花も合わせているし)

にしても2人が知り合いというか、「勇太」が「七宮」に影響されて中二病化したとは!
まるでどっかの誰かさんみたいだ
まあけど、「六花」の場合は依存するに足りる理由というか心の隙間があったんだけどね
っという事はだ、「七宮」の弟子が「勇太」で、「勇太」の弟子にあたるのが「六花」ということ
調べてみたところ、弟子の弟子を『又弟子(またでし)』というらしい

カッコイイじゃないか…… ってそれどころでもないか
「六花」にしてみれば、目の前に自分のじいちゃんと名乗る人物が現れたと同じようなもの
自分の起源が「勇太」ではない…… 中二病は「七宮」の受け売り
「六花」にしてみれば”中二病”こそ「勇太」とのつながりみたいなもの……
ある意味、今ある”契約”を揺るがしかねない

まあ「勇太」はその程度で「六花」を捨てるような奴ではないけど
「六花」の方は、どうなのかな?


中二病でも恋がしたい!戀 2話HD4

あるある!
昔話に花を咲かせるけど、ついてけない人が一人いる状況 (この場合は六花)

「勇太」はさらっと昔の知り合いみたいなこと言ってたけど
いつも一緒で、中二病の仲間で、鼻チュする関係でぇ……!?
なんだろうね、付き合っていたようにしか聞こえないのはオレだけだろうか!?

でもよくよく聞くと、お互いの家も知らない間柄?
鼻チュはするけど、家は教えない、全ては中二病の延長線の出来事のよう
案外、家だけじゃなくて「勇太」と「七宮」はお互いの事はあまり知らないんじゃないかな?
知らないと言うより、教えてない感じ
「勇太」も「六花」に接する様な態度じゃないし、あくまで友達なのかも
あくまで輪廻街道を探す友として、中二を語る設定的な仲間として
そう考えると「七宮」と「勇太」の関係って、深いのか浅いのかわからないな…

中二仲間以上、友達以下みたいな関係だったのかもしれない


中二病でも恋がしたい!戀 2話HD5

『 さよならは言わない 』
確かに、言わずにいれば別れたことにはならない、世界のどこかでつながっているだろう
けど、グローバル化する現実社会、小さなコミニティーを離れれば会う機会なんて無くなる
そのまま一生あらずに一生を送ることだって日常茶飯事
現実問題、さよならを言わなければ さよならではないなんてカッコいセリフは言えない
でも「七宮」はあえて言う

「勇太」は何処で忘れてしまったんだろうか
中二病から卒業するといい、現実の流れに身を任せることを良しとする風に変わった
でも 少し前、「六花」と不可視境界線を見つめて、そうではないと知ったはず
思い出したはずなのに…… 「勇太」はまだどこか忘れている感じがする
さよならを言わなかったあの頃の「勇太」にはあって、今の「勇太」には無いもの

「勇太」はまだ見出しきれていないのかもしれないね
本当に大切なものを

もしかしたら「勇太」はまだ
中二病を卒業できていないし、現実主義者にもなり切れていない 宙ぶらりんなのかもしれない



黒炎龍… あながち間違いじゃないかも 今日この頃~



『 中二病でも恋がしたい! 2期 』の公式ホームページはここから
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 中二病でも恋がしたい!戀 EpisodeIII「迫撃の…魔法魔王少女」 ] 10:33 | MAGI☆の日記

    中二病でも恋がしたい!戀の第3話を見ました。 EpisodeIII 迫撃の…魔法魔王少女 ますます中二病が進行している六花の前に現れたのは勇太の中学時代の友人でもあり、中二病の原点でもある七宮智音であった。 学校にまで現れた智音と戦う六花だったが、そこにやってきた勇太によって戦いは止められる。 「七宮、おい七宮!」 「あ、勇者じゃん」 「…!?」 智音の両親が仕...

    [ 中二病でも恋がしたい!戀 第3話 「追撃の…魔法魔王少女」 感想 ] 11:10 | Garnet Clover~ガーネット・クローバー~

    契約(意味深) まぁ、夢オチでした(つ∀-) そりゃそうだw にしても六花。 腹に全体重乗せたドロップキックは死ぬ(^^; 公式サイト http://www.anime-chu-2.com/

    [ 中二病!戀3話感想「七宮智音ちゃんキタ――(゚∀゚)――!!」 ] 11:52 | アニメだけが救い

    中二病でも恋がしたい!戀、第三話「追撃の・・・魔法魔王少女」の感想です。 勇太が冒頭から性欲全開でワロタwww 六花が言う闇炎龍の復活とは、勇太の性欲をあらわに...ではなくw、 世間体のために中二病を隠したり、自分の素直な気持ちを押し殺したり するのを止めさせるということなのではないでしょうか?

    [ 中二病でも恋がしたい! 戀 第3話 「追撃の…魔法魔王少女」 感想 ] 18:57 | wendyの旅路

    魔法魔王少女、降臨―

    [ 『中二病でも恋がしたい!戀』 Episode3 追撃の…魔王魔法少女 ] 02:26 | アニメ感想ブログ ほろあに

    あの魔法少女的なキャラの娘は勇太が中二病にかかったきっかけの人だとは…。

    [ キルラキル 第15話「どうにもとまらない」感想 ] 23:20 | アニメ色の株主優待

    三都襲学旅行により神戸、京都の高校は制圧を完了。 しかし、残る大阪『難波金満高校』の『宝多 金男』は自慢の財力による巧みな人心掌握術によって猿投山の率いる部隊を苦戦させていた。 そんな民衆に取り囲まれ苦境にたつ猿投山のもとに姿をあらわした皐月は『縛斬』を振るうだけで民衆の恐怖心を呼び起こし、皐月と戦う事を恐れた民衆は蜘蛛の子を散らすかのように姿を消してしまう。 ...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。