--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】世界征服 謀略のズヴィズダー 10話 あなたにとって正義とは?

06:59

世界征服 謀略のズヴィズダー 10話HD1
世界征服 謀略のズヴィズダー 10話「西ウド川戦線異状あり」
の感想を

昨日の平和が、今日も続くとは限らない
これからも続くと思っていた日常が時として一変することはある
ならどうするか? 元に戻そうと奮闘するか? はたまた未来に挑戦するか?

『 世界征服 謀略のズヴィズダー 』の公式ホームページはここから




あらすじ
温泉から帰ってきたズヴィズダー一行は、検問破りをする
ウド川市はすでに都軍の手に落ちており、秘密基地は包囲されていた
秘密基地も ウドリアクターも失ったズヴィズダーは、公園で野宿するほかなかった
繰り返される投降を呼びかける放送、圧倒的な戦力、「明日汰」の心は滅入る
臨時の寝床も発見され逃げるほかないズヴィズダー、仲間を失いながらも一つの希望を信じて
だがあまりに非情、向けられる銃口に「駒鳥」は待ったをかけるがききれない
世界は変わってしまっていた
「ケイト」は言う、世界はまだ宝石のように輝いていると。


世界征服 謀略のズヴィズダー 10話HD2
「危ういバランスのもとで続いていた、仮初めの平和だった・・・」

この絵って、アメリカが独立し新たな土地を目指して突き進む自由の絵だった気がする
でも都庁の先にあるものは、果たして本物の自由なのかな?

ここは戦国時代か?
都軍って自衛隊の様な防衛軍かと思っていたけど、ぜんぜん違う侵略軍だよこれは!

民主主義からくる軍隊と、軍事主義の軍隊とは意味合いが違ってくる
おおざっぱにいってしまうと、お抱え軍隊か 軍隊そのものが戦う決定権を持っているか
東京都の場合は後者、決定権を持ちそして戦う”敵”と言われるものに対して
「明日汰」は父(都知事)をこう言った『 自分の理想を押し付けるつまらない大人 』だと
型にはまった考えを押し付けてくる親かと思っていたが違う、もっとそのままの意味
自分よがりな理想を力で押し付ける事を良しとする親、それが「明日汰」が言いたかったこと
嫌がるもの納得、それは”押し付ける”と言うより、もはや”侵略”と言うべき!

子供の命を戦闘員以上にかえりみない、そんな奴はオレでも嫌だ!!
「ファルコン」こと「香織」を引き抜き、ズヴィズダーを抑え込んで何をしたいのかは知らないけど
絶対ろくでもないことに…… っと言うより目的があっての行動ですらないのかもしれない

世間一般では、目的の無い一行的な力の行使を”暴力”と呼ぶんだよ



世界征服 謀略のズヴィズダー 10話HD3
「ケイトは子供じゃないか!」 「子供言うな!私が好きで子供をやっていると!」

まあ好きで事もやっている奴はいないわな

逃げることは悪いこっちゃないと思う
周りが凄すぎて霞んで見えるが「明日汰」は別に弱くはない、一般的な理解力・責任力はある
逃げるばっかりと自負するが、都庁に軍隊に戦争にって 逃げるしかないだろうこれは……
でも負い目に感じているよう、まあね逃げる行為は悪くはないが自慢する行為ではないのは確か
・・・これって出口が無いじゃないか!!
「明日汰」は目の前に居ながら、迷い迷子になっていたのかもしれない
幼き「ナターシャ」は遺跡に迷い込んだけど、「明日汰」はもっとたちの悪い出口のない場所に
だからだろうね「ケイト」が「明日汰」を招き入れたのは

秘密結社を組織し、隊員を養い、世界征服という目標を掲げる「ヴィニエイラ様」
人を引き付ける能力や、戦車も叩き潰す戦闘力、巨大化も出来る可能性の凄い奴
でも子供、子供だけど征服者だけどウド川の遺産を受け継ぐものだけど、でも子供
いくらすごい奴でも、絶対的にできることに限界はある
出口さえわかれば迷路から脱出するのに時間はかからないが、大人になるのには時間がかかる
「ケイト」はそれを自負しているのかも、大人ではない自分を、説得力の無い自分を
周りはそんなこと気にしていないけど、「ケイト」は「ケイト」なりに気にしているのかもしれない
導くはずの自分が一番遠い場所にいることに



世界征服 謀略のズヴィズダー 10話HD4
「世界はすっかりおかしくなっちゃった、こんな世界でも欲しいの?ケイトちゃん」

大義か、確かにそれが一番大切なのかもしれない

毎度毎度「駒鳥」はホワイトライトよりズヴィズダーの方が向いてい折るんじゃないかと言ってきた
力が欲しく大それたことがしたいだけの、刺激を求める若者なのかと思いこんでいた
けど、「駒鳥」の正義の基準は、バイトや憧れと言うにはしっかりし過ぎていたものだった
なんだ、戦闘力は柴犬クラスだが、心は鷹(タカ)のように高潔
やっぱり「駒鳥」は正義の味方のホワイトライトが一番似合ってたのかもしれないね

組織に属せず、大衆に左右されず、自分の物差しで正義を行える物
それが”正義の味方”なんだろう
敵の敵が見方ではないのだろうけど、「明日汰」を助けるべきと考えた
「明日汰」の中に 心に、何かあると直感的に感じ取っての行動のよう
それが何かはわからないけど、消して悪いものではないのは確か

信じることに、間違いはない
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 信じる処をさがして―【世界征服~謀略のズヴィズダー~ #10】 ] 08:53 | 腐った蜜柑は二次元に沈む

    世界征服~謀略のズヴィズダー~ 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/03/19)久野美咲、花江夏樹 他商品詳細を見る アニメ 世界征服~謀略のズヴィズダー 第10話 西ウド川戦線異状あり 明日はどっちだ―

    [ 世界征服~謀略のズヴィズダー~ TokyoMX(3/15)#10 ] 10:39 | ぬる~くまったりと

    第10話 西ウド川戦線異状あり ズヴィズダーの秘密基地が発見されて都軍に取り囲まれていた。遠巻きに見守る皆の前で破壊される。その場にヤスは居ない。 都軍のズヴィズダーに対する取り締まりが厳しくなる。ウド・リアクターも破壊されて変身も残り1回。ケイトの様子がおかしい。政府広報としてホワイトロビンが投降を呼びかける。 イーグレットにホワイトライト全体の指揮を譲渡するファルコン。ファルコンには指令...

    [ 世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第10話 『西ウド川戦線異常あり』 実は世紀末だった。 ] 10:13 | こいさんの放送中アニメの感想

    東京リベリオン?前回のラストで廃墟が映ってなんじゃこりゃと思ったのですが、どうも日本は戦時下のごとくですね。何ともコードギアスな状況にビックリ。呑気に温泉とか行ってる場合じゃねえ…と思ったら都軍の大攻勢が始まった。 手始めにアジトが爆破されケイト一行は完全に根拠地と力の源を失うと。ここから逃げる一方のズヴィズダー。ちょっと前までヒーローと怪人ごっこしてた筈なのに今じゃすっかりマ...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。