--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】ノーゲーム・ノーライフ 2話 ステフはこの国この世界好き?

06:59

ノーゲーム・ノーライフ 2話HD1
ノーゲーム・ノーライフ 2話「挑戦者(チャレンジャー)」
の感想を

チャンスは本人の意思とは関係なく、脈略も無くやってくるもの
重要なのはそれを掴むのか、はたまた怖気づくのか
さあチャンスだ! 不可抗力だ! シャッタチャーンス!!

『 ノーゲーム・ノーライフ 』の公式ホームぽムページはここから




あらすじ
イカサマのトリックを聞きに来た「ステファニー・ドーラ」に、
ネタ明かしを条件に「ソラ」はじゃんけんでの勝負を持ちかける
勝負の結果は引き分け、しかしそれは全て「ソラ」の罠
実は負けても引き分けでも実は追うリスクは同じ、「ソラ」は胸を張って要求を言い放つ
俺に惚れろ!!
「ステフ」は発狂した。


ノーゲーム・ノーライフ 2話HD2
「だって妹に手出せないじゃんましてや11歳じゃん、兄ちゃんだってお年頃じゃん」  「私が嫉妬しているなんて・・・

欲望って大事だよね?

惚れる?
ゲームでの賞品って、物品や権利うんぬんだけかと思っていたけど、
お互いに了承すれば、何でも曲がり通ってしまうものなのか?
惚れる、つまり恋だって交換したり上げたりする物じゃないと言うのに……
この世界、ゲームの勝敗で何もかも決める事が正しいってことなのかな?
いや、この世界では10の盟約以外のものは意味をなさないのだろうか

っというか、そもそも『 自分を好きにしていい 』とか『 些細な願い事 』だとか
勝利後に内容を自由に変えられる条件ってどうなんだ?
”些細な…”なんて人それぞれ些細のレベルのなんて違うわけだし、いくらでも言い様ができる
さらに「ソラ」が行ったように、だまくらかして、事実上の何でもありと後から言うことも
『じゃあ、些細な願い事するわ…… とりあえず死んで♪』なんてことも可能なわけだ
これって、条件を明確化しなければいけないという記述が無い 盟約の欠陥じゃないか?
・・・・・・もしかして
この世界の神「テト」は、最初の条件交渉からゲームは始まっているって考えなのかな?

人生はゲームの様なものだ、とはよく言ったものだ


ノーゲーム・ノーライフ 2話HD3
「兄ィ♪」 「シロォ~~~♪」 「なんなんですのこのきょうだい・・・」

この2人なら漫才でも食っていけそうだ

「ソラ」と「シロ」は2人で1人、っと言うのが2人の決まり文句だが
どうやらおれたちは勘違いしていたようだ…
これはお互いの長所を重ね合わせることで事実上の無敵になれる! …っと言う意味ではなく
欠けた部分を補い合う事で、やっと一人前になれるって意味だったんだな

ですよね
これだけの駆け引き能力や演算能力が普通に備わっていたなら、リアルでも大暴れできるはず
でも実際は、ひきこもりの不登校のニート
変だ!思う世間知らずの人もいるかもしれないが、能力があれば褒められると言う物でもないんだよね
「ソラ」と「シロ」はいわば特化型、先がとがっている感じ
長所が突出して高い半面、反動で他の能力が低くなってしまったいるタイプだろう
力を持ち過ぎているゆえに周りが見え過ぎたり、持つ力が他の力の成長を邪魔したりや
力のせいで疎まれたり、理解されなかったり、あげくの果てには弱者だと烙印すら押される
万の知識があっても、テストで0点なら、コイツはただのバカと認識されるのが今の社会

人は一人では生きて生きないからね、社会的な意味だけではなく精神的な意味でも
だから2人は寄り添っているんだろう、一人じゃ生きていけないから
お互いがお互いの存在を認め、意思を維持していくために


ノーゲーム・ノーライフ 2話HD4
「さっさと行くぞ、お前の爺さんが正しかったと証明するんだろ」 「ステフ早く!」

前回、
勝てたらな天国だろうが、負ければ何もかも失う危険な世界だと
「ソラ」と「シロ」は、とても危うい橋を渡っているって感じの話をしたけど
やっぱり、この世界は2人向きのいい世界なのかもしれない
ゲームに勝てば何でも手に入るから? アホ可愛い「ステフ」がいるから?
いやいやそうじゃなく、強いとかはあまり関係ない (少し関係あるけど…)
重要なのはそこじゃなく、「ソラ」と「シロ」に何が出来るかって意味

この世界でなら「ソラたち」は持ち前の力でゲームに勝つことが出来る
それはこの世界での絶対の価値観で、結つ無二物も、他には何にも要らない
勝てば手に入る、手の届かない物でも手に入る、やりようがある
そして手に入れたもので誰かを助けたりすることができるかもしれない
そういままでは自分のためだけに力を使ってきた…っと言うよりそれしか使い道がなかった
なぜかといえば現実世界が「ソラたち」の力を必要していないから
でもこの世界なら違う、2人の力を必要としてくれている人たちが少なくないほどいる!

自分の持つ能力を生かせる世界だなって意味で、いいなって言ったんだよ!


ところで、なぜ「ステフ」は幻覚が見えなくなったのかって?
「ステフ」の言うとおり惚れるは永続的な物じゃないからなのか?
それとも幻覚を見る必要が無くなったからじゃないのかな?       今日この頃~ 




『 ノーゲーム・ノーライフ 』の公式ホームぽムページはここから 
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。