--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】一週間フレンズ。 10話 いいものになることを祈って

06:29

一週間フレンズ。 10話HD1
一週間フレンズ。 10話「友達とトモダチ。」
の感想を

忘れたり思いだしたり、「藤宮」の中では本人の意思とは関係なく揺れ動く
周りとの人はそれに関係なく、こうではないか? そうではないかと妄想を膨らませる?
「藤宮」も、自分を見失いつつあった

『 一週間フレンズ。 』の公式ホームページはここから




あらすじ
「九条」の出現により「藤宮」の記憶は完全にリセットされ
「長谷」との関係は、『 僕と友達になってください 』から始まる状態にまで戻っていた。
ただ日記はちゃんとまだあり途切れてはいないものの、続きでもない
以前の「藤宮」の姿はなく、元に戻ったような「藤宮」の姿がそこにあった。


一週間フレンズ。 10話HD2
「あたしのだん…イテッ、結構痛ぁ~い」  「そういうこと冗談でも言わないほうがいいぞ」

これじゃ、どっちが純粋なんだか

うん、オイラも結婚してもいいなんて冗談で言うべき話題じゃないと思うぞ
でもさ、「山岸」だって冗談でそんな大事なことをサラっと言うほどバカじゃないと思うけど?

「山岸」は自分が一人じゃ何にも出来ないことを痛いほど知っている
そんな小学校生活を送ってきて導き出した答えが、『相手も思いっきり頼ってみる』だったんだろう
悪くない、悪くないよぉ~
自分的には、できないことを値踏みする考え方はあまり好きではないけど、これはこれでありだと思う
あえて自分を客観的に見つめることによって、無理なことをすることも避けられ、楽観的にもなれる
「山岸」が変われた切っ掛けはそこになるのかもしれないね

そしてその切っ掛けを与えた「桐生くん」はと言うと…
客観的には見えれても、自分のこととしてとらえるまでに入ったっていないよう
強くて賢そうに見えるけど、まだまだ未熟な部分は多いってはわけだ
「桐生」もあまり「山岸」を下には見ていられないな~ これでは♪


一週間フレンズ。 10話HD3
「抜け駆けしたって聞いたけど」 「事故?」 「やめて! お願いだからやめて・・・」

なんとなく背景は見えてきたね

友達のことを限定的に忘れる奇怪な状態になってしまった理由も
「藤宮」がいつまでも”無垢(むく)”に「長谷」を”友達”と言い続けられているもの、ここにある
小学校の時に味わった一瞬に

幼いころの「藤宮」は、みんなと笑顔でいられる”無邪気な”子供だったらしいね
友達も多かったみたいだし、クラスの人気者だったに違いないね
でもそれが災いしたみたい・・・
人気者だから、皆に好かれているからと言って、その人が精神的に強く賢いわけじゃない
当時の「藤宮」にとっては、ただただ楽しく過ごしていただけなんだろう
キラキラ輝いていたら好かれることもあるし、逆に嫉妬されることもある
譲るとか譲らないとか、みんなが好きそうな話題、人気者だから関係も深い無視できない・・・

まだ10歳にも満たない子供、恋のことを考えるにはまだまだ早い時期
誰かが好きだとか嫌いだとか「藤宮」にとってまだまだま無縁な季節
年頃…にもなっていない「藤宮」は、しょうもない嫉妬をさばき切れるほど”大人”ではなかった
当たり前だ!! 子供だもん!!
小学生に、恋の駆け引きを理解して効率的に立ち回れ……・ っていうのは無理があるよね


一週間フレンズ。 10話HD4
「誰が何と言おうと俺と藤宮さんは友達だ!!」 「・・・・・・・・・。」

「長谷」は優しいな~
オレなら、とりあえず「九条」に殴りかかっているところだわ

「九条」にしてみれば、「藤宮」とは小学校の頃の話
覚えていないことはまだしも、知らないと言われた上にツンケにされて機嫌が悪いんだろう
本人なりのメンツってもんがあるんじゃないかな?  (ぷー、クスクス)

「長谷」が起こるのはごもっとも、さらに殴りかかっていれば花丸をやるところだったんだが
まあそれは置いといて、「長谷」はずいぶん冷静な策をとったもんだ
『 記憶が消えることを話す 』今まで周りにしてきた対処だが、「九条」には全く効果がないようだ
そりゃそうだ、他の人が特殊だったんだ、
「山岸」とか「桐生」とかあまり深いことは気にしないタイプなら、「あ?そうなの?」で流してくれるけど
普通の人がそれを受け止めろと急に言われても…

「長谷」と「九条」はどうも相容れないというか、話がかみ合っていない気がする
それは、お互いに知る「藤宮」の姿が違うからじゃないかな?
「長谷」の知る「藤宮」は、
クラスではダンマリおとなし系の、話してみたらすごくいい子の可愛い子♪
「九条」の知る「藤宮」は、
活発でクラスの人気者、無邪気で元気で明るい子…… って感じゃないのかな?


一人のはずなのに、どうも「藤宮」はたくさんいるよう……
「長谷」の中にいる可愛い「藤宮」と、「九条」の中にいる元気な「藤宮」と、
「藤宮」自信の中にいる定まらない自分の姿と……                   今日この頃~





関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    [ 一週間フレンズ。 TokyoMX(6/08)#10 ] 09:03 | ぬる~くまったりと

    第10話 友達とトモダチ。 公式サイトから転校生・九条一の「裏切り者」という言葉で、香織は突然気を失う。 目覚めると、祐樹のことを完全に忘れてしまっていた。積み重ねてきたものがなくなり、祐樹は戸惑う。 月曜日、屋上で一人ランチの藤宮。俺と友達に成って下さい。日記は読んでいた。九条は藤宮の症状を知らずに嫌味を言う。 九条の一言で全てがリセットされたことが悔しい長谷。九条は小学校が一緒で小6で引...

    [ 一週間フレンズ。~#10 「友達とトモダチ... ] 00:41 | ピンポイントplus

    長谷祐樹(はせゆうき)はクラスメートの1人藤宮香織と友達になりたかった。第10話- 月曜日 - 「長谷ゆうきです。俺とまた友達になってください」藤宮さん「あなたが、長谷く...

    ~~新着記事一覧~~




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。